広告マーケティングの専門メディア

研究室訪問

小売企業の競争力を高めるID-POSデータの活用可能性

日本大学

マーケティング・メトリクス
田村正紀/著

金准教授のお薦めの1冊は『マーケティング・メトリクス(』日本経済新聞出版社刊)。ビジネススクールのクラスではテキストとしても使用。「データ活用に関する実務書は辞書的な説明に終始するものが多い中、数字の背景まで説明されている点がとても参考になる」と話す。

収益拡大につながらないポイントカードプログラム

本来、顧客のロイヤリティ向上とそれに伴う、競争優位性を確保するために導入されてきた小売り・サービス業のポイントカードプログラム。しかし、日本大学商学部の金雲鎬准教授はポイントカードを導入しても競争優位につながらず、収益拡大につながっていない企業が多い状況に関心を抱き、約3年前から継続して、研究テーマとしてきた。「競争優位を得るためのポイントカードだったはずが、どこの企業もカードを発行している状況では、差別化要素にならず、コストがかさむだけに終わっている企業も多いのが現状です」と指摘する。

しかし、ここ数年でポイントカードを取り巻く環境を大きく変える波が生まれている。それがID-POSの浸透だ。従来のPOSデータに…

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

研究室訪問 の記事一覧

小売企業の競争力を高めるID-POSデータの活用可能性(この記事です)
オンラインとオフライン、重なりあう世界から生まれる価値
立正大学研究室訪問「目指すは実務に活かす普及モデルの構築」
「創造的生活者」は企業・経済にどう影響するか
流行語が市場を創る?言葉とマーケティングの関係とは
ネット時代の「名前」とコミュニケーション

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する