広告マーケティングの専門メディア

キャッチフレーズ

各国市場の評判を踏まえたメッセージ発信のあり方

ワイデン+ケネディ/シチズン

シチズン時計が創業以来初のブランドステートメント「BETTER STARTS NOW」を制定した。制作に携わったワイデン+ケネディのマイケル・ファー氏に、その背景を聞く。

ブランド自体をグローバル化

7月24日、シチズン時計がブランドステートメント「BETTER STARTSNOW」を発表した。同社がグローバルで統一したメッセージを明確に打ち出して発信するのは、1930年の創業以来、初めてとなる。

そこにはどんな思いや狙いがあったのか。シチズンとの共同作業でブランドステートメントや関連するコンテンツの制作に携わったワイデン+ケネディ トウキョウのエグゼクティブクリエイティブディレクターのマイケル・ファー氏は、デジタル化で世界が狭まってきていることを理由に挙げる。

「シチズンは大きな成功を収めている企業ですが…

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

キャッチフレーズ の記事一覧

コーポレートスローガンの傾向と潮流、そしてアイデンティティを読み解く
対象とする人に、確実に届く言葉とは?
人の心に残るスローガンとは?
各国市場の評判を踏まえたメッセージ発信のあり方(この記事です)
富士フイルム、世界市場に対する「新たな決意」スローガン
コンサルティングが考える「支持される」企業の表現

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する