広告マーケティングの専門メディア

キャッチフレーズ

人の心に残るスローガンとは?

谷山雅計

新潮社の「YONDA?」や「人の間にKDD。」などのコピーで知られる谷山雅計氏に、「心に残って価値を創り出す企業スローガン」を生み出すためのポイントを尋ねた。

「心に残って価値を生み出す企業スローガン」とは、どのようなものなのか。コピーライターとして数多くのキャッチフレーズやスローガンを生み出してきた谷山雅計氏は、3つのポイントを挙げる。

「普遍性、固有名詞性、持続性。多くの人が憶えている企業スローガンは、たいていこの3つをおさえています」。昨今、多くの企業は複数の事業を手掛けている。企業スローガンはそれらを包括的に表現する必要があるため、普遍性が求められる。

しかし、普遍性ばかりを意識するとどこの企業でも使えるような当たり障りのないきれいごとになりかねない。「全ての企業のスローガンとして通用する万能な言葉があります。それは『いいこと』。この言葉を企業名の前につけると、いちおうは全て成立します。でも、その企業ならではの、その企業にふさわしいとみんなが思うような固有名詞性がないと印象には残りません」。

谷山氏がスローガンの好例として挙げたのは ...

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

キャッチフレーズ の記事一覧

コーポレートスローガンの傾向と潮流、そしてアイデンティティを読み解く
対象とする人に、確実に届く言葉とは?
人の心に残るスローガンとは?(この記事です)
各国市場の評判を踏まえたメッセージ発信のあり方
富士フイルム、世界市場に対する「新たな決意」スローガン
コンサルティングが考える「支持される」企業の表現

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する