日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

社内報のつくり方

パーパスに基づく社員のアクション喚起を目指す、タカラベルモントの社内報

タカラベルモント

インターナルコミュニケーションを活性化させ、事業の成長を後押しする役割を担う社内報。今回はタカラベルモントの社内報制作の裏側に迫ります。

タカラベルモント『宝箱』

理容室・美容室、エステ・ネイルサロンおよび歯科・医療クリニックの業務用設備機器や化粧品等を手がけるタカラベルモント。その社内報は、パーパス「美しい人生を、かなえよう。」の理解とそれに基づく社員のアクション喚起が目標だ。

2023年10月発行号の特集ではサステナビリティ経営を扱った。前年に行った従業員へのSDGs意識調査の結果を掲載。目標3の「すべての人に健康と福祉を」への関心度は51.4%ともっとも高かった一方、目標5の「ジェンダー平等の実現」や目標6の「安全な水とトイレを世界中に」は2割を下回ったと明かした。また財務部がSDGsを考えるオンラインミーティングを行ったという社内の動きも載せた。「社内報は、良いことも至らない面も共に伝えるように注力します。どんなに仔細なことでもニュースとして拾うのがモットーです」と広報室の石川氏。

SDGsの社内意識調査結果を発表(2023年10月発行号)
SDGsについて、まだ従業員の関心の低い分野もあると率直に伝えた。

23年7月発行号では水害特集を実施した。昨今の気候変動で夏季の水害は増加し、営業パーソンが社用車での営業中にゲリラ豪雨にあうリスクも増えている。移動中や通勤中に大雨に遭遇したらどう対応すべきかなどのノウハウも自衛隊出身の従業員に取材した。「水害で被害を受けた理容椅子の修繕依頼を顧客店舗から受けたことから生まれた企画です。従業員から『特集を自宅で保管しています』『ためになりました』との声が多く寄せられました」と石川氏は語る。

掲示もされる特集見開きページ(2023年7月発行号)
社内各所に掲示しやすいよう水害特集の重要箇所はタブロイド判の見開き中ページに配置している。

「社内の“プロフェッショナル”が、あなたのお悩み解決します!」、23年10月発行号では「家の廃材を利用した小物作りをしたい」との従業員からの相談に滋賀機器工場生産技術グループの社員が応じる。古くなった工場の作業着を使ってバッグをつくる方法を教えた。「当社には美容師や歯科衛生士など国家資格を持ち、理美容師や医師というプロフェッショナルを支えるプロフェッショナルがいます。彼らの専門領域を紹介しつつ従業員に役立つ情報を提供しています」。

社内の名人を訪ねる(2023年10月発行号)
滋賀機器工場生産技術グループの社員が登場し作業着を使ってバッグをつくる方法を教えた。登場者氏名にアルファベット表記も付記するのは外国人従業員に読みやすいようにとの配慮。

あと56%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内報のつくり方 の記事一覧

パーパスに基づく社員のアクション喚起を目指す、タカラベルモントの社内報(この記事です)
座談会や「仕事曲線」でモチベーションの源を深掘り、ザイマックスの社内報
自分の言葉で語る経営理念 毎号ひとりの従業員をクローズアップ
MVP社員やチーム紹介 入社式の裏側も伝える
男性社員の育休取得対談 新人がDX解説を連載執筆
記者や再入社した社員らに自社への印象をインタビュー SHIFTの社内報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する