日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

社内報のつくり方

座談会や「仕事曲線」でモチベーションの源を深掘り、ザイマックスの社内報

ザイマックス

インターナルコミュニケーションを活性化させ、事業の成長を後押しする役割を担う社内報。今回はザイマックスの社内報制作の裏側に迫ります。

ザイマックス『からくさ』

独立系不動産総合サービス企業、ザイマックスの社内報が『からくさ』。「はたらく喜びを、ひきだす・つなげる・大きくする」をキーワードに、「人」にフォーカスして社員の想いや価値観を伝える。「特集は経営的な時事ネタをテーマに取材することが多く、比較的その時旬な活躍を見せる社員に寄りがちです。従って連載記事では着実に日々の業務を頑張る現場にも登場してもらいます」と経営企画部の石川友香氏は話す。

2023年8月号の特集「つながる、ひろがる、モチベーションのバトン」では仕事のやりがいについて社員が語り合った。営業部門の先輩と後輩による対談では、2人が意見をぶつけ合いながら提案書を仕上げ顧客満足につなげたエピソードも飛び出した。「激論も、時には必要」「最後まで手を抜かないのは私自身そうやって、仕事をしてきたから」とお互いが語り合うさまを伝えた。

営業部門、先輩&後輩の対談(2023年8月号)
同じ営業部門に属した女性の先輩と後輩の対談。「完成度を高めるための喧嘩はした方がいい」と語り合うなど、信頼関係が築かれている様子を伝える。

23年3月号の特集「ホテル事業いざ“反転攻勢”へ!」では同月オープンした「からくさホテルカラーズ東京八重洲」にも取材した。「ホテルスタッフも忙しい時でしたが開業を盛り上げる誌面になるよう努めました。撮影に合わせて部屋の家具やインテリアも調整してもらえました」と同部の中野由佳子氏は語る。

新たなホテルをオープン直前に取材(2023年3月号)
3月末にオープンしたホテルを3月号で紹介。忙しい時期なのでホテルスタッフには取材を通じて気持ちが盛り上がるように配慮した。

同号の連載企画「しごと道」ではハウスメーカーから転職して賃貸仲介の部門に所属、3年後にはマネジャーに昇格し個人成績でMVPを獲得した社員が登場した。このコーナーでは毎号、「わたしの仕事曲線」という名のグラフを使って登場する社員のモチベーションなどの変化を表す。「取材前に社員のターニングポイント3点と自らの『仕事曲線』を書いておいてもらいます」と石川氏は話す。

社員の仕事曲線を描く(2023年3月号)

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社内報のつくり方 の記事一覧

座談会や「仕事曲線」でモチベーションの源を深掘り、ザイマックスの社内報(この記事です)
自分の言葉で語る経営理念 毎号ひとりの従業員をクローズアップ
MVP社員やチーム紹介 入社式の裏側も伝える
男性社員の育休取得対談 新人がDX解説を連載執筆
記者や再入社した社員らに自社への印象をインタビュー SHIFTの社内報
地域社会とのかかわりを特集、太陽HDの社内報

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する