日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方

キユーピー100周年「食」と「音楽」で感謝を伝える

キユーピー

社史や理念、事業の意義を見直す機会となる周年をどのように迎えるか。長寿企業から学ぶ連載です。

社長を含め、役員が国内外約160の事業所に足を運び、現地の従業員とミーティングを行った。

キユーピーは2019年、創業100周年を迎えた。日本で初めてマヨネーズやドレッシングを製造・販売するなど、1919年の創業から変わらぬパイオニア精神で新たな商品を提供し続けてきた。商品とともに、コーポレートシンボルの「キユーピー人形」も長年にわたり親しまれている。

今回、100周年を迎えるにあたり、企画実行委員会を設置。1年間の企画検討を経て、企画ごとに部署横断でチームをつくり進行した。

周年事業を担当した広報・CSR本部の池田律子氏は、「100周年事業のテーマは"感謝"です。従業員、お客さま、お取引先さま、株主さまといった各ステークホルダーに向けて、それぞれに合わせた企画を考えました」と説明する。

1年間を通じて幅広く展開

まずスタートさせたのは、従業員に向けた100周年記念ミーティングという企画だ。役員が国内外約160カ所に出向き、100年間の歴史や価値について自身の言葉で伝える機会とした。また、役員が一方的に話して終わり、という形ではなく、グループの未来について話し合う場を設定。従業員からも「100年の歴史がある理由が実感できた」「メンバーと会社の未来を考える良い機会になった」と好評を得ている。

「1回きりの大きなイベントだけではなく、従業員との直接的なコミュニケーションを取る場を大切にしたいと考えました。役員は国内外を飛び回るなど大変でしたが、経営者と従業員の双方にとって、会社や自分の仕事を見つめ直す良い機会となりました」と池田氏は振り返る。また各地の従業員と本部が協力し、エリアごとに地元に根付いた味とマヨネーズを組み合わせた企画品を開発。各事業所との連携も図っている。

各エリアの従業員が地元に根付いた味とマヨネーズを組み合わせて開発。エリアと数量を限定して販売した。

「食」と「音楽」で笑顔を届ける

対外向けにも1年間を通じた企画を進行。「食」と「音楽」をテーマにしたコンテンツも用意した。

料理番組として1962年から放映を開始した『キユーピー 3分クッキング』(日本テレビ系列、CBCテレビ)のテーマ曲としておなじみの「おもちゃの兵隊のマーチ」をモチーフにした、オーケストラ曲を新たに作曲。ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団のオーボエ奏者である、ヨーゼフ・ベドナリク氏が手がけた …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方 の記事一覧

キユーピー100周年「食」と「音楽」で感謝を伝える(この記事です)
東京タワー開業60周年で一新 社内一丸となって挑む変革期
念願の公式キャラクター「しゃぽぽ」誕生 はとバス創立70周年
シチズン時計100周年 グループ一体で101年目の土台づくり
110周年を迎えた貝印 ポップアップストア「KAIの家」に1400人来場
ハナマルキ100周年 「感謝の集い」で社内の結束を高める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する