日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

伝説のPRパーソン

カール・バイヤー──広報エージェンシーの1社1担当制を確立

河西 仁(ミアキス・アソシエイツ 代表)

北米で19世紀後半以降に活躍し、現代広報PRの歴史的発展に貢献した偉人の功績を紐解きます。

    広報エージェンシーの
    1社1担当制を確立
    カール・バイヤー

    カール・バイヤー
    Carl Byoir
    (1888-1957)
    Bettmann/ゲッティイメージズ

    ◆ 出版社で活躍した手腕が買われ、CPI(広報委員会)に加入
    ◆ 非英語圏出身の国民への情報提供や印刷費削減などの実績あり
    ◆ 広報エージェントを設立、現在まで続くビジネスの土台を築く

本連載7回(ジョージ・クリール)でご紹介した、第一次世界大戦中に活動したCPI(広報委員会、ウィルソン大統領が1917年に設立)は、エドワード・バーネイズをはじめ、その後広報エージェントとして活躍する実務家を輩出しました。カール・バイヤーもその一人です …

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

伝説のPRパーソン の記事一覧

カール・バイヤー──広報エージェンシーの1社1担当制を確立(この記事です)
ヘンリー・フォード──週刊誌を買収、自社メディアとして活用したクルマ王
歴史上初の国家的規模「プロパガンダ」の仕掛け人──ジョージ・クリール
大統領広報のパイオニア──セオドア・ルーズベルト
PRエージェントの社会的地位向上に尽力した、広報のゴッドファーザー
トーマス・エジソン―企業間競争にプロパガンダを持ち込んだ発明王

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する