日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

伝説のPRパーソン

歴史上初の国家的規模「プロパガンダ」の仕掛け人──ジョージ・クリール

河西 仁(ミアキス・アソシエイツ 代表)

北米で19世紀後半以降に活躍し、現代広報PRの歴史的発展に貢献した偉人の功績を紐解きます。

    歴史上初の国家的規模
    「プロパガンダ」の仕掛け人
    ジョージ・クリール

    ジョージ・クリール
    George Creel
    (1876-1953)
    PhotoQuest/ゲッティイメージズ

    ◆ ウィルソン大統領のもと広報委員会(CPI)を組織
    ◆ CPIには広報・広告・アートの第一人者が集結
    ◆ 国家的なプロパガンダを主導するも、当人は否定

ジョージ・クリールは、カンザスシティやニューヨークで新聞記者として働いた後、新聞社の経営を手がけました。また、マックレーカー(官僚らの不正を暴く記者)としても活躍し、ロックフェラー家の企業経営や彼らの広報エージェントであるアイビー・リーの手法を批判しています。彼は、1916年の大統領選挙でウッドロー・ウィルソン候補を支持し、勝利したウィルソン大統領の信頼を得ます。

アメリカが第一次世界大戦に参戦したのは、連合国側に加盟しドイツに宣戦布告をした1917年4月6日です。その1週間後、ウィルソン大統領は広報委員会(CPI:Committee on Public Information)を設立し、クリールを共同委員長に任命しました。

CPIは、参戦に向けてプロパガンダを用いて世論を誘導するために国家的規模で活動した、過去に例のない組織です。官民双方からスタッフが招集されました。広報担当にはカール・バイヤー、エドワード・バーネイズ、広告にはジョージ・バッテン、ウィリアム・ジョーンズ、クリエイティブ部門にはチャールズ・ギブソンと当時の広報・広告・アート分野の第一人者が参加しました …

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

伝説のPRパーソン の記事一覧

歴史上初の国家的規模「プロパガンダ」の仕掛け人──ジョージ・クリール(この記事です)
大統領広報のパイオニア──セオドア・ルーズベルト
PRエージェントの社会的地位向上に尽力した、広報のゴッドファーザー
トーマス・エジソン―企業間競争にプロパガンダを持ち込んだ発明王
現代パブリック・リレーションズのパイオニア、アイビー・リーの功績をたどる
企業広報・広告のパイオニア、セオドア・ベイルの功績をたどる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する