日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

伝説のPRパーソン

ヘンリー・フォード──週刊誌を買収、自社メディアとして活用したクルマ王

河西 仁(ミアキス・アソシエイツ 代表)

北米で19世紀後半以降に活躍し、現代広報PRの歴史的発展に貢献した偉人の功績を紐解きます。

    週刊誌を買収し、
    オウンドメディアとして活用したクルマ王
    ヘンリー・フォード

    ヘンリー・フォード
    Henry Ford
    (1863-1947)
    Bachrach/ゲッティイメージズ

    ◆ 自動車の大量生産や低価格化、FC方式の販売を導入
    ◆ T型フォード車発売で新聞広告を活用
    ◆ メディアを買収し広報誌として発行、販売店に設置した

ヘンリー・フォードは、自身が自動車を発明したわけではありませんが、ベルトコンベア方式の組み立て生産システムの導入と実用化に成功し、自動車の大量生産とその低価格化を実現しました。1908年に発売された「T型フォード」は、1927年の生産中止まで、20年間で1500万台以上生産されました。

また、彼はフランチャイズ式の販売網をつくり、国内どこでも買える体制を確立しました。20世紀初めのアメリカは、電気・ガス・通信・鉄道・道路といった生活基盤(ネットワーク)が整備され、世界に先駆けて大衆消費社会を実現しましたが、自動車はその象徴のひとつでした …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

伝説のPRパーソン の記事一覧

ヘンリー・フォード──週刊誌を買収、自社メディアとして活用したクルマ王(この記事です)
歴史上初の国家的規模「プロパガンダ」の仕掛け人──ジョージ・クリール
大統領広報のパイオニア──セオドア・ルーズベルト
PRエージェントの社会的地位向上に尽力した、広報のゴッドファーザー
トーマス・エジソン―企業間競争にプロパガンダを持ち込んだ発明王
現代パブリック・リレーションズのパイオニア、アイビー・リーの功績をたどる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する