日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報パーソンのキャリアと働き方

43%が「転職・独立経験あり」 広報のキャリアと働き方白書2018

「仕事熱心な人が多い」。これこそが広報パーソンの共通項であり、『広報会議』を読んでいるあなたもきっと、この仕事に並々ならぬ情熱を傾けていることでしょう。加えて「働き方改革」が注目される今、読者調査の結果と現場の声から広報のキャリア形成や働き方について考えていきます。

DATA
現役広報165人に聞く 「広報のキャリアと働き方」白書2018

*年数は広報歴

Q 広報の仕事について
「一生続けていきたい」「天職である」と感じますか。


Q 広報関連の職種で転職・独立したことはありますか?

転職のきっかけ

転職・独立経験のある読者は43.0%。PR会社から企業へ、あるいは企業内の他部署への異動を機に広報職を求め決断したという声が多いようだ。

    広報歴 10年未満

    ・前職で、管理職として他部署への異動を命じられ2年。広報職から一時離れたが、やはり広報をやりたいと思い退職を決意(外食/6年)

    ・転職先からのオファー(小売/8年)

    ・1人体制の広報ではなく、広報を理解している仲間と一緒にチームで仕事ができる環境で働きたいと思い、広報部門が既にある大手メーカーに入社(食品/7年)

    ・家族の転勤と自身のキャリアアップ(NPO・NGO/5年)

    広報歴 10年以上

    出産を機にPR会社は辞めざるを得なかった。個々人の力で掲載をもぎとってくるスタイルは、保育園の送迎時間と記者や編集者をつかまえる時間が重なり、成果を出せないことが分かっていたため(医療・介護/12年) …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報パーソンのキャリアと働き方の記事一覧

広報パーソンのキャリアと働き方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する