日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報パーソンのキャリアと働き方

「経営と一体化した広報を展開したい」PR会社を経て、製薬企業に再入社

武田コンシューマーヘルスケア 永田正人さん

広報歴15年以上、一貫してヘルスケア領域のPRに携わってきた永田正人さん。30代半ばで、なぜ事業会社からPRエージェンシーへ移ろうと決意したのか。そして双方の立場を経験したことで得られた、キャリアの強みとは。

武田コンシューマーヘルスケア 経営管理部
コーポレート・コミュニケーショングループマネジャー
永田正人(ながた・まさと)さん

1992年武田薬品工業入社。MRや産業別労働組合での医療政策担当を経て、2002年からコーポレート・コミュニケーション部でPR、社内広報、IRなどを担当。2005年フライシュマン・ヒラード・ジャパンへ転職。製薬・医療機器企業の製品広報や危機対応などを手がける。2012年武田薬品に再入社、製造供給部門の広報など担当。2017年、分社化した武田コンシューマーヘルスケアにて現職。

2017年4月、武田薬品工業の一般用医薬品事業が分社化して「武田コンシューマーヘルスケア」が誕生した。「アリナミン」「ベンザブロック」などを基幹ブランドとする同社には、武田薬品本体とは別に企業広報の機能がある。そのマネジャーを務めるのが、永田正人さんだ。

永田さんは新卒で武田薬品工業に入社、MRや東京本社での広報・IR担当を経て外資系PR会社に転職した。7年にわたりエージェンシーの立場でヘルスケア領域の製品広報や危機対応に従事したのち、武田薬品の広報として再入社し現在に至る。

「PR会社への転職を決めたのは30代半ば。決して武田薬品に不満があったわけではありません。ただ広報の専門書を読んで、共感を引き出して世論を動かすというPRの仕事にダイナミズムを感じ、もっと多種多様なコミュニケーションの現場を経験したい、という思いを強く持ちました」。

もうひとつ永田さんのキャリアの転機になったのが、広報の前に産業別労働組合での仕事を経験していたこと。約4年にわたり医療政策担当として、同業他社の担当者らとともに医療・薬価制度の調査や提言を行った。

「30歳直前の自分には、他社の皆さんと働ける環境は新鮮でした。会社の中では見えなかった世界を見させてもらい、先々のキャリアを考えるきっかけにもなったと思います」。この経験がのちに、PR会社への転職という決断を後押しすることになる。

外資に転職で英語に一苦労

その後、東京本社のコーポレート・コミュニケーション部で2年働いてからフライシュマン・ヒラード・ジャパンへ転職。選挙広報のほか、ヘルスケアに特化したチームで医薬品や医療機器メーカーの企業広報などに携わった。数カ月単位で複数クライアントのメディアセミナーやイベントのプランニングを進めるという経験は忙しさ以上にやりがいがあったそうだ。

一方で、永田さんが最も苦労したのが、外資系では必須とされる英語力。「帰国子女や海外留学経験のある人材が多い環境だったので、日本育ちの身としては大変でしたね(笑)。ただ自分の場合はヘルスケアという一本の軸があったのと、事業会社で働いてきた経験は強みになると思っていました。大手企業で企画を通すために必要な社内手順は理解していたので、クライアントの担当者が上司を説得するにはどんな説明資料やデータが必要か?という意識で常に臨んでいました」 …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報パーソンのキャリアと働き方の記事一覧

広報パーソンのキャリアと働き方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する