日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報パーソンのキャリアと働き方

老舗メーカーの広報から独立「40代で初の上京、起業を決めた理由」

SUZU PR COMPANY 鈴江恵子さん

奈良の製造小売業、中川政七商店の広報から2015年に独立し上京した鈴江恵子さん。そのキャリアは一貫して「食」の仕事への興味と好奇心で埋め尽くされている。転職や渡仏、広報の兼任から専任、そして独立へと突き動かしたものとは。

SUZU PR COMPANY
鈴江恵子(すずえ・けいこ)さん

高知県南国市出身。関西大学商学部卒業。時計メーカー、食まわりのコーディネーターなどを経て2000年中川政七商店入社。本店店長、直営店立ち上げなどを担当。2002年に一旦退職して5年間渡仏。帰国後、2008年に同社に再入社し、広報を担当する傍ら、秘書、通販課課長などを務め2013年からは広報専任に。2015年退職後、独立。プライベートでは中学生の母でもある。

アートキャンディショップ「パパブブレ」、スタイリッシュな白衣のメーカー「クラシコ」、福井県に初めて眼鏡産業を持ち込んだ「増永眼鏡」、思い出の服をリプロダクトする「LOOP CARE」──2015年にPRサポート事業を柱に独立した、鈴江恵子さんが手がける仕事は幅広い。リテナーとスポットを含め、常時10社近くのクライアントのPRを引き受けている。

広報職のキャリアは30代に入ってから。奈良県にある創業300年の老舗・中川政七商店への「出戻り」がきっかけで、秘書兼広報を任された。「新卒で入社したのは時計メーカーの営業でした。2年ほど働いたものの、フードコーディネーターの仕事に興味を持って。大阪の設計事務所で食部門に関わった後、ご縁がありカフェを立ち上げて運営し、この仕事は天職だ!と思っていたところに出会ったのが中川政七商店でした」。

20代の鈴江さんの行動力は凄まじい。中川政七商店で本店の店長を経験したかと思えば、2年で退職。食の仕事をしていた友人と突如、フランス行きを決める。現地では自宅で小さなレストランを開いたり、日本企業向けに雑貨を買い付けたり、プライベートでは出産し母親になったりと、目まぐるしく5年の月日を過ごした。

ちなみに一緒に渡仏した友人は、今は良き仕事のパートナー。彼女は現在、国内外でベーカリーの開業支援を手がけ、鈴江さんが各店のPRを担当することもある。

秘書兼広報兼「通販課課長」に

2008年に帰国した鈴江さんは再び大阪で食関連の職を求めたものの、縁あって中川政七商店に復帰することになる。この「出戻り」のタイミングで秘書兼広報となった。

5年ぶりに同社へ戻ると、表参道ヒルズに店舗をオープンするなど会社の事業は急拡大。自らも広報の仕事に留まらず、通販事業を立ち上げた。広報と販売の連携を仕掛け、ECの売上が1店舗の売上を上回り「通販課」へと成長を遂げる。「広報の力で会社の未来を創っていける」という実感もあり、まるでベンチャー企業のような環境は相当のやりがいがあったという …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報パーソンのキャリアと働き方の記事一覧

広報パーソンのキャリアと働き方の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する