販売促進の専門メディア

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪

日本初、電動アシスト自転車の専門店 コロナに負けず業績UP

サイクルショップオギヤマ大森山王店

照明、接客スタイル、広告メディアと細かく配慮。訪問営業や巡回サービスなどにも向く電動アシスト自転車。試乗車用意やブログエントリーで初心者に丁寧な対応。

店舗は池上通りに面して、白い壁と茶色い店舗ロゴの対照が明るい造り。


JR大森駅から歩いて10分ほど、池上通りが環状七号線と交わる手前にあるのが「サイクルショップオギヤマ大森山王店」。日本初、電動アシスト自転車に特化した店として大田区、品川区などで4店舗を持つ中の1店だ。

「当社は山王で古くから自転車店を営んでいました。坂が多く高級住宅街を控える環境から、次第に電動アシスト自転車専門店に特化しました」と同店を運営するオギヤマサイクル取締役、小峰市太郎氏は話す。

店舗は池上通りに面した明るい造り。店内照明は白色系の蛍光灯の隣に暖色のスポットライトを配し、明るさのみでなく暖かさも自転車から放たれるよう留意する。「自転車の車体は黒や青といった暗めの色が売れ筋なので照明には気を使います」と小峰氏。

コロナ禍により、勤務体系や通勤手段などライフスタイルが変化する中、自転車に対するニーズも様々な変化があった。「通勤を電車から電動自転車に切り替える方が増加しています」と氏は教えてくれた。

近隣との結びつきが強い同社店舗の特性上、数年前に始めた地域のバス広告はリスティング広告より安く効果が高いという。

店内には、スポーツタイプや通勤向け、子どもを乗せるタイプなど幅広い用途の新車・中古車が揃う。点検・修理サービスの専門コーナーもある。

店頭には試乗用機種を豊富に展示。「お子さまを...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪 の記事一覧

日本初、電動アシスト自転車の専門店 コロナに負けず業績UP(この記事です)
パイにショートケーキ、すべてバナナ尽くしの人気スイーツ店
コロナ禍で丸のままの魚を販売 SNSで魚食文化を発信する浦安の鮮魚店
IT活用で賑わう創業70年の銭湯 サイトで確認できるサウナ混雑状況
巣ごもり需要で賑わう国内有数のボードゲーム専門店
コロナ下で売上倍増 新鮮な野菜を適正価格で提供

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する