販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

「販促コンペ」の企画に役立つ 審査員からのワンポイントアドバイス(1)

企画づくりには正解がないため、自分の企画が本当によいものか判断するのも容易ではない。ここでは、企画する上で役に立つ第13回販促コンペ審査員からのアドバイスを一挙掲載する。

最終審査員

【審査員長】
博報堂 執行役員
博報堂ケトル クリエイティブディレクター/編集者
嶋 浩一郎氏

販促コンペは日本で行われるクリエイティブ業界のコンペティションの中で一番リアルに人を動かすことにこだわった賞だと自負しています。でもね、人はそんなに簡単に動かない。だって、人は不器用だから自分の欲望を言語化できない。だから人の欲望を掴むのはとっても難しい。そんなとき、どうするか?

いろんなやり方があると思うのだけど、自分の場合、最後に頼るのは自分の感覚。課題のターゲットは子育てママだったり、リクルート中の学生さんだったり、自分と全く違う時もある。いや、ほとんどの場合違う。でも、全く違う属性の自分であってもそうされたら、そういうシチュエーションにおかれたら、きっと心がうごいてしまう、そんなシーンを徹底的に考えよう。今年も「その手があったか!」と唸らせてください。


ビーコンコミュニケーションズ
エグゼクティブ
クリエイティブディレクター
井上忠司氏

この販促コンペとは、「人を動かす企画」を競うとてもユニークですが、実践的な意義のあるコンペです。誰でも参加できるし、誰でも一番になる可能性があるコンペでもあります。必要なのは高い技術でもなく、美しいビジュアルでもありません。面白そうだからついやってみたくなったり、つい買ってみたくなる、そんな仕掛けを持った企画です。

毎日の生活の中でのちょっとした違和感や思いつき、もしくは趣味でやっていることが、突破口を開くきっかけになるはずです。世の中の暗さや閉塞感を突き破って、みんなを楽しませてくれる企画を望みます。「馬鹿馬鹿しいけど、やってみたい!」そんな風に感じるものに出会いたい。と感じる今日この頃です。人生一発逆転のチャンスに、エネルギーを注いでみる。こんなポジティブな機会はなかなかないのではないでしょうか。みなさまからの素晴らしい企画を楽しみにお待ちしています。


オイシックス・ラ・大地
執行役員
Chief Omni-Channel Officer
奥谷孝司氏

今年の販促コンペで見たいもの。それはBetter Normalな世界をよりよくする、10年後の未来を感じる企画です。コロナ禍で疲れた人々に前を向かせ、共感を産む企画を期待しています。この企画立案に大切なことはただ一つ。今までの価値観、常識を覆し、クライアントだけでなく、社会まで良くしちゃう気概です。2030年につながるような壮大で夢ある企画見せてください。期待しています。


SHIBUYA109エンタテイメント
SHIBUYA109 lab.
長田麻衣氏

まずはターゲットのリアルな実態や課題についてとことん理解を深め、同じ目線で物事を捉えることが重要だと感じています。インサイトのリアルさが共感を呼び、人の心を動かす企画を生み出すのではないでしょうか。また、人々の価値観や生活様式が大きく変化している今、社会の流れを良い方向に導く企画であることも、大切な要素であると感じています。企業やターゲットの課題を解決するだけでなく、社会にも良いインパクトが与えられるアイディアとの出会いを楽しみにしています!


電通
プランナー/
クリエイティブ・ディレクター
尾上永晃氏

僕のコメントなぞより役立ちそうな企画の際のチェックボックスです。
□ターゲットのインサイトを付いている(少なくとも自分は動く)
□誰にでも楽しく簡単に説明できる
□なんでこれまで無かったんだろうってくらいシンプル
□発見と驚きがある
□ブランドのためになっている
□実現可能性が高い(まったく無理ではない)
□企画書はシンプルで無駄がなくタイトルがキャッチー


ベクトルグループ
取締役副社長
プラチナム
代表取締役
吉柳さおり氏

ニューノーマール消費のセカンドイヤーである今年。多くの企業が商品の販売をD2Cにシフトさせたりと戦略転換を余儀なくされ、消費者との接点も変化を遂げた今、マーケッターであり企画者である我々にとって、購入経路・シーンを見極めた上で、今だからこそ、「その商品を買いたくなる理由」を創造することが、最大のクリエイティビティだと思います。その「理由」は、社会を接点にした価値であり、ブランドの魅力でもあります。どうしてもどうしても買いたい「理由」輝くアイデアを今年も楽しみにお持ちしています。


ユーグレナ
ヘルスケアカンパニーマーケティング担当
LIGUNAM
取締役
工藤 萌氏

生活者の認識を変え、行動を変えることができるのが、強い企画だと思います。では、「どう」変えるのか?その向かう先は、コロナやサステナビリティといった人類の重要課題の下で、とても重要だと感じます。「これをどうやって売ろうか」ではなく、「これを使ってどんな社会課題を解決しようか」というような視点で見てみると景色が変わるかもしれません。今だからこそやるべきだと思えるような、骨のある、そして世の中を明るくするような企画を楽しみにしています。


フロンティアインターナショナル
マーケティングプランニング本部 本部長
イノベーション推進本部 本部長
児玉昌彰氏

今の制限ある生活の中でターゲットも気づかない、これまでにない「潜在的な欲求」を発見し、それを満たすアイデアが求められています。その時代を読み解くために、SNSなど活用してインサイトのヒントにするのもありかなと思いますが、まずは自分自身と向き合うことが必要なのかもしれません。

そして、対象となるブランドをターゲットあるいは社会に対してどんな存在にしていくのかからアイデアの発掘をはじめてみてはどうでしょうか。考えたアイデアが本来の課題を解決することはもちろんなのですが、他のステークホルダーが抱えている課題にも効果が期待できると評価のポイントになります。明るく前向きになる、心地よくなる、人の気分が少し変わるようなアイデアでターゲットでない人にも良い影響をもたらす、そんな企画が今はあるといいなと思っています。ニッと口角の上がる企画、お待ちしております。


宝島社
桜田圭子氏

まずは、お題である「課題」を企業の人の立場に立ってよく読み込み理解すること。出題者は「企業」なので、その企業をよく知ることも重要だと思います。

なぜなら同じようなお題であっても企業によって解決方法は全く異なるからです。次にターゲットである「人」との接点ですが、人々が自由に動き回っていた時と比べると、タッチポイントが限られているために、情報の量と質が変わってきていると感じます。それでも、日々人は生活し、食事をし、コミュニケーションをとっています。そんな時代に合った、でも楽しくて、思わず動いてしまう新しいアイデアを見てみたいです。


電通 zero
クリエーティブディレクター/
PRディレクター
嶋野裕介氏

審査員として、いい企画をちゃんと選ぼうと思います。いい企画とは、「いま買おう」とターゲットのカラダを動かすものでありながら、同時に「これからも買いたいな」「この商品が好きだな」とココロまでも動かしてしまうもの。優れた販促は、未来への投資だと思います。企画書だけで100万円もらえる美味しい機会を、見逃す手はありません。みなさんの、ギラギラした企画書をお待ちしています。※個人的には、自分と違う感性の人とペアになって取り組むことをオススメします。


ADKクリエイティブ・ワン
事業計画本部事業計画局 局長
中條裕子氏

企画を膨らませているうちに「あれ、これ何のための企画だっけ?」と頭をよぎる一方、折角捻り出したアイデアが惜しくてそのまま突き進んでしまう。「目的は何か?」というシンプルな問いを常に心に持つことが、陥りがちなこれらの状況から企画者を救ってくれます。

そして、企画がある程度固まったら、実行した際に「消費者がどのように動くか?」を具体的にイメージしてみる。ロジックの綻びなど、企画を昇華させるヒントが見つかるはずです。考えては検証して、原点に戻ってはまた考える、そういった思考を経て生み出された素晴らしい企画に出会えることを楽しみにしています。


ワークマン
営業企画部 広報部 部長
林 知幸氏

現在のコロナ禍という状況にかかわらず、「どうやったら多くの消費者に支持される企業になるだろう」と考えて答えを見つけようとしている企業は多くあります。そしてその答えは簡単なものではありません。多くの企画がある中で、ただ面白いとか、インパクトがあるだけの企画やアイデアでは一瞬の話題性で終わってしまいます。自社やクライアントの「強み」で勝負できる「ストーリー」性を伴った、持続可能な企画で多くのファンを獲得できるような、そんなアイデアに期待したいと思います。


ハッピーアワーズ博報堂
代表取締役社長
クリエイティブディレクター
藤井一成氏

社会が定義してきた常識やルールが一変し、生活者一人ひとりの行動がこの一年の間に大きく変わりました。自分の基準でモノゴトを判断して、自分なりの答えを生み出して「動く」、その自由と不便と我慢。そうした非日常にある生活者の感情や欲望を見つけて、ブランドからの素敵なご褒美を与えてください。暮らしは大変だけど、なんだか幸せそうね。そんな時間が生まれる企画を楽しみにお待ちしています。




パートナー一覧

販促コンペを支えていただいている企業・団体のみなさまです。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する