販売促進の専門メディア

訪日ラボの解析 インバウンドBiz

vol.09 2019年 春節トレンド

根本一矢(訪日ラボ 編集長)

急速に市場が拡大するインバウンド。2015年のいわゆる"爆買い"現象で火がつきましたが、散発的な事象でなく、持続可能なビジネスに育てあげるには──。インバウンドビジネス総合メディア「訪日ラボ」が解説します。

    vol.09

    2019年 春節トレンド

    CHINESE NEW YEAR 2019

インバウンドビジネスにとって、2019年最初の目玉イベント「春節」が終わった。今回は、「2019年春節反省会」として、昨年の数値との比較やトレンドの紹介をしたいと思う。

春節を含む2月の訪日外客数は、前年比3.8%増の260万4000人(全国籍)で、2月として過去最高を更新した。中国市場は同比1.0%増の72万4000人。伸び率でみるとやや鈍化しているが、人数シェアで約28%を占め、その存在感はいまだ健在だ。

視点を日本から中国側に移してみよう。春節期間中に中国から国外へ旅行者した人の数は前年比12.5%増の631万人。人気の旅行先は昨年と変わらずタイ、日本のワンツーフィニッシュで、海外旅行者の行き先はこの2カ国で3割を占める。

国内旅行は単位がぐっと大きくなり、同比7.6%増の4億1500万人。ただ、ここ数年10%台の伸び率を維持してきたことを考えると、旅行熱は少々ダウントレンドにあるようだ …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日ラボの解析 インバウンドBiz の記事一覧

vol.09 2019年 春節トレンド(この記事です)
vol.08 インバウンド対応の土台
vol.07 宗教×インバウンド
vol.06 地方創生×インバウンド
vol.05 欧・米・豪
vol.04 リピーター

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する