販売促進の専門メディア

訪日ラボの解析 インバウンドBiz

vol.06 地方創生×インバウンド

根本一矢(訪日ラボ 編集長)

急速に市場が拡大するインバウンド。2015年のいわゆる"爆買い"現象で火がつきましたが、散発的な事象でなく、持続可能なビジネスに育てあげるには──。インバウンドビジネス総合メディア「訪日ラボ」が解説します。

    vol.06

    地方創生×インバウンド

    REGIONAL REVITALIZATION

日本の人口減による内需減退の足音が迫ってきている。2040年には、全都道府県で人口減に転換するというが、首都圏など一部を除き、地方ではすでに人口が減りつつある。人が少なくなれば当然経済も衰退するが、その対応策としてもインバウンドには期待がかかる。

その地域に住む「定住人口」を増加させるのが難しいとなれば「交流人口」を増大させようというわけだ。たとえば、東京は明らかに「交流人口>定住人口」の式が成り立っており、その経済規模が、定住人口による内部循環よりも、はるかに大きくなっていることは想像に難くない。

地方が交流人口を増やす際の主な手段は観光となる。では、観光で定住人口減少分の経済損失を補填し、地方の経済を活性化させるためには、どれくらいの人を呼び込めばいいのだろうか …

あと67%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日ラボの解析 インバウンドBiz の記事一覧

vol.06 地方創生×インバウンド(この記事です)
vol.05 欧・米・豪
vol.04 リピーター
vol.03 旅マエ・旅ナカ・旅アト
vol.02「春節」に向けた準備
vol.01「オリンピック・レガシー」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する