販売促進の専門メディア

訪日ラボの解析 インバウンドBiz

vol.04 リピーター

訪日ラボ 編集長 根本一矢

急速に市場が拡大するインバウンド。2015年のいわゆる"爆買い"現象で火がつきましたが、散発的な事象でなく、持続可能なビジネスに育てあげるには─。インバウンドビジネス総合メディア「訪日ラボ」が解説します。

    vol.04

    リピーター

    REPEATER

あらゆるビジネスで、「リピーターの創出」は重要なテーマ。それはインバウンドビジネスでも同様だ。政府が掲げる目標、2020年に訪日客4000万人を達成する上でも、初めて日本を訪れた人=初訪日者をリピーターにすることが重要となる。

初訪日者とリピーターでは、属性や旅行中の行動が異なる。データからリピーターの特徴を見てみよう。

「61%」。全訪日客中、2回以上訪日した人の割合だ。この割合はここ5年間、ほぼ変わらず、新規客とリピーターをバランスよく取り込めていることがわかる。

「86%」。リピーターの内、アジアの4地域(中国、台湾、香港、韓国)が占める割合だ。全訪日客の6割にあたるリピーターを、アジア圏が支えているのだ。今、急速に欧米豪市場が注目されているが、直近は、アジアを伸ばすことが重要となる。

「6割」。これはヘビーリピーター(訪日回数が10回以上)の内、30歳代~40歳代が占める割合だ。例えば台湾の訪日客を見ると、初訪日者は20歳代が5割、30歳代~40歳代が4割だが、ヘビーリピーターは20歳代が2割、30歳代~40歳代が6割と逆転する。理由としては、年齢を重ねるほどに訪日機会が増えること、また経済的に裕福であることなどが考えられる …

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日ラボの解析 インバウンドBiz の記事一覧

vol.04 リピーター(この記事です)
vol.03 旅マエ・旅ナカ・旅アト
vol.02「春節」に向けた準備
vol.01「オリンピック・レガシー」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する