販売促進の専門メディア

訪日ラボの解析 インバウンドBiz

vol.08 インバウンド対応の土台

根本一矢(訪日ラボ 編集長)

急速に市場が拡大するインバウンド。2015年のいわゆる"爆買い"現象で火がつきましたが、散発的な事象でなく、持続可能なビジネスに育てあげるには──。インバウンドビジネス総合メディア「訪日ラボ」が解説します。

    vol.08

    インバウンド対応の土台

    FUNDAMENTAL OF INBOUND TOURISM

インバウンドにおいて重要なターニングポイントとなる2020年が、目前に迫ってきた。訪日ラボが執筆する本連載の第1回めにお伝えしたとおり、東京五輪もある2020年は、インバウンドの"ゴール"ではなく、今後の観光立国のための"スタートライン"に、ようやく立ったといえるタイミングなのだ。

今年度から新たにインバウンドビジネス関連部署ができた、担当者になったという方も多いだろう。今回は、新任者のためのインバウンド対策の順序について解説する。

インバウンド対策は大きく3層に分かれる。すなわち「マーケティングリサーチ」「プロモーション」「受入環境整備」だ。訪日ラボとして声を大にして訴えたいのは、「マーケティングリサーチの重要性」だ。外国人観光客に関するあらゆるデータの収集から、観光コンテンツ作りまで、マーケティングリサーチこそインバウンド対策の土台となる …

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

訪日ラボの解析 インバウンドBiz の記事一覧

vol.08 インバウンド対応の土台(この記事です)
vol.07 宗教×インバウンド
vol.06 地方創生×インバウンド
vol.05 欧・米・豪
vol.04 リピーター
vol.03 旅マエ・旅ナカ・旅アト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する