販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

スライド資料と「理由の空間」

朱 喜哲(プランナー、哲学研究者)

ピッツバーグ大学
セラーズが長らく教鞭をとったピッツバーグ大学は、哲学分野の世界的トップ校のひとつとして知られる。

現代のビジネスパーソンにとって最重要スキルのひとつはスライド資料の作成かもしれない。私たちは日夜、企画書や報告をうまくまとめ、よりよい資料を作ろうと四苦八苦する。

しかし、どうすれば「よい」資料になるのだろう。理路整然としたコンサル風から、プレゼン映えするビジュアル中心のもの、あるいはお役所風の詰め込み型資料まで、世のスライドはじつに多様だ。

他方、そもそもスライド自体を否定する企業さえある。Amazonでは社内会議でのスライド使用を禁止し、代わりに「物語のような構造をもったメモ」を用いるという …

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

ディスプレイの『白紙』に
処方せん割引と情報格差
DIY精神をどうアップデートしていくか
スライド資料と「理由の空間」(この記事です)
本当は、その逆なんじゃないの?
かかりつけ薬局を支えるPhTとは
「論理的」は「規範的」?──分析哲学とプラグマティズム

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する