販売促進の専門メディア

THROUGH BOUNDARIES

本当は、その逆なんじゃないの?

ジョシュア・ラスマン

演奏風景
最近、さるレコード会社大手の“上の人”から「your music is definitely good for walking in Shibuya before飲み会!」と評された。2nd EPも配信中。

こんにちは、ジョシュア・ラスマンと言います。ある広告会社を退職して、いまはメディアの立ち上げと音楽活動に走り回っています。その中で見聞きしていることが、皆さんの何かのヒントになれば幸いです。

さて、私はずっとバンドに所属してきました。来日後も、音楽を続けています。

イギリスでは、小さなダイブバーで演奏するだけで、何ポンドかもらえたり、ビールを何杯かタダにしてくれたりします。

*1 最も気軽に入れるバーのことです

しかし、日本ではまず練習にお金がかかります。(*2)リハーサルスタジオは最低4000円~6000円。特別な機材は追加料金が必要。まあ音はいいし、好きなだけ大声で歌えます。価格と環境はつりあっていると思います …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

THROUGH BOUNDARIES の記事一覧

本当は、その逆なんじゃないの?(この記事です)
かかりつけ薬局を支えるPhTとは
「論理的」は「規範的」?──分析哲学とプラグマティズム

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する