販売促進の専門メディア

リテールAI、生鮮品の拡大、コラボ事例 未来のコンビニ

コンビニに聞く いま注目の技術 進む研究 省人化への導入実例も

コンビニがいま、AI(人工知能)やビッグデータなどITに期待していることは何か。セブン&アイ・ホールディングス(HD)、ユニー・ファミリーマートHD、ローソンの大手3社にアンケートを実施。消費者とのコミュニケーションや業務負担軽減、売り逃しの抑制などへのAI活用に、関心があるようだ。

セルフレジ1000店へ ファミリーマート

ファミリーマートは、AI(人工知能)導入による店舗の省人化に注目する。ピーク時間のレジ混雑を和らげたり、店舗スタッフのレジ業務負担を減らしたりすることを目的に、セルフレジをことし8月末時点で約250店にて展開。今年度中に、これを1000店まで広げる予定だ。

「AIやビッグデータによるプロモーションはどのようなものが考えられるか」との質問には、「加盟店負荷を増やさないことを前提に」として「品切れのない売り場の提供」と回答した。人手不足の深刻さがうかがえる …

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

リテールAI、生鮮品の拡大、コラボ事例 未来のコンビニの記事一覧

リテールAI、生鮮品の拡大、コラボ事例 未来のコンビニの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する