販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

決済の進化で「ヒモのゆるい財布」をつかめ

フィンテックで実現した簡易決済法が街中で広まっている。支払い手続きが簡単な決済手段を導入し、ユーザーの利便性を上げ、よりたくさんのお金を使ってもらう競争が始まった。

米Square社とコイニー(囲み)による決済の様子。タブレット端末やスマホに差し込む小型デバイスでクレジットカード決済できる。

フィンテックの発展で注目されているのが、「支払い」を簡便にする新しい決済方法だ。その普及のカギは、まずは安全性と信頼と言えるだろう。国内では、クレジットカードの不正使用を防止するために、EMVと呼ばれる決済用ICカードの仕様の導入が推進されている。

日本は決済端末のICカード対応化が海外と比べ遅れていたが、法改正などにより2020年の東京オリンピックまでには、国内でもICクレジットカードへの対応が完了する見込みだ。

EMV普及に後押しされているのが、米Square社、コイニー(東京都渋谷区)、楽天などのスマホ向け決済端末を提供する企業といえる。これらの企業では、2014年~2015年にかけてEMV対応機器の提供を開始した。2020年をにらみながら、端末代金0円などのキャンペーンを打ち出して利用店舗を増やしている …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

決済の進化で「ヒモのゆるい財布」をつかめ(この記事です)
ネットからリアルイベント、動画配信へ展開
高品質食品を幅広い立地で提供 食を豊かに、人生を豊かに
顧客の要望に応え、競合に差をつける
店舗は体験の場、アパレルに新風
旬八青果店、人気を集める理由

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する