販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

旬八青果店、人気を集める理由

左今克憲(アグリゲート)

“昔ながらの八百屋さん”が減退する中、多くのお客で賑わう青果店がある。ベンチャー企業、アグリゲートが運営する「旬八青果店」だ。生産、流通、小売りを一貫した事業モデルで、食と農の分野に風穴を開けている。

「新鮮・おいしい・適正価格」を実現し、旬にこだわる八百屋「旬八青果店」。都市と地方をつなぐ青果店として、東京に10店舗を展開している

白地に黒文字で「旬八(しゅんぱち)」と記したシンプルなのれん。さほど広くない店内には、野菜や果物が所狭しと並ぶ。一見、ふつうの青果店だが、店頭に並ぶ商品はひと味違う。あまり聞き慣れない種類の野菜や果物、大きさの不揃いな規格外のものも、新鮮でおいしければ店頭に並ぶ。

「旬八青果店」を運営するアグリゲートの代表、左今克憲氏は「米国の自然食品スーパー、ホールフーズを参考にして、どのような店舗にしていくかを考えていきました。ホールフーズを日本市場向けに落とし込んだのが『旬八青果店』です」と語る。

「旬八青果店」の事業モデルは、アパレル業界でユニクロなどが進めているSPA(製造小売)を食農の業界に応用したものだ ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

旬八青果店、人気を集める理由(この記事です)
大津屋 コンビニでバイキング料理、独自のイートイン戦略 ローカルコンビニ、先見力で勝つ
AIのビジネス化で先行するベンチャー AIで実現、売れる店づくり
飲食業を変えるアイデア 「 肉×カフェ」の新業態、攻勢へ
美容業界のブルーオーシャンを狙う
音楽に革命、誰もが表現者に

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する