販売促進の専門メディア

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想

店舗は体験の場、アパレルに新風

「La Fabric(ラ ファブリック)」

ファッション業界で、実店舗をほとんど持たず、オンライン中心で販売を行う新たな業態「オムニチャネルSPA」が急成長している。日本での代表例が、メンズファッションレーベル「LaFabric」だ。

「LaFabric」のポップアップ店舗。オムニチャネルSPAでは店舗は「体験の場」として機能する

「LaFabric(ラ ファブリック)」はオンライン上でスーツやシャツをカスタムオーダーできるファッションレーベルだ。商品ラインナップは600種類超。それぞれデザイン、生地、サイズを自由に選ぶことができ、その組み合わせは約15億通りに上る。ターゲットは20歳代~30歳代のミレニアム世代。物心ついたころからITデバイスやインターネットに触れてきたデジタルネイティブだ。

「彼らはスマホから気軽に買える利便性や、製品が手元に届くまでの可視化による信頼性を求めています。商品選びの目が厳しい反面、一度気に入るとリピートしてくれる人が多く、クチコミやSNSなどで周りに勧めてくれます」と語るのは、「LaFabric」を展開するライフスタイルデザインの代表取締役社長CEO、森雄一郎氏 ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PROJECT DESIGN&Promotion 販売力を高める事業構想 の記事一覧

店舗は体験の場、アパレルに新風(この記事です)
旬八青果店、人気を集める理由
大津屋 コンビニでバイキング料理、独自のイートイン戦略 ローカルコンビニ、先見力で勝つ
AIのビジネス化で先行するベンチャー AIで実現、売れる店づくり
飲食業を変えるアイデア 「 肉×カフェ」の新業態、攻勢へ
美容業界のブルーオーシャンを狙う

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する