販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

シリーズ累計2500万本を突破 ボタニストが初の旗艦店をオープン

BOTANIST Tokyo

シリーズ累計出荷数が2500万本(2015年1月~2017年4月)を突破したヘアケアブランドのボタニストが初となる実店舗を7月にオープンした。その狙いとは。

1階の内観。オープン記念限定のラベル・新しい香りのシャンプーやトリートメントなども用意した。

ヘアケアブランドのBOTANIST(ボタニスト)を展開するI-ne(イーネ)は7月15日、同ブランド初となる旗艦店「BOTANIST Tokyo(ボタニスト トウキョウ)」を東京・原宿にオープンした。

ブランドらしさを既存ユーザー・新規ユーザーに訴求し、ファン化することが狙い。ターゲットは主に20歳代~30歳代の女性。

同店のコンセプトは「朝起きて食事をする時から、夜寝る時まで、植物とともにカジュアルでリラックスして過ごすライフスタイル」。

店舗は1階と2階で構成され、装飾には植物をふんだんに取り入れた。1階ではボタニストのシャンプーやトリートメントのほか、同ブランドとしては初となるマグカップやポーチ(店舗限定)などの雑貨カテゴリーも販売する。

また、2階のカフェ「BOTANIST cafe」では、サラダプレートや、野菜と果物を使用したフレッシュスムージーなどが楽しめる。

店鋪の立ち上げに従事したイーネ経営企画室の廣岡輝氏は「ボタニストを選んでもらう、ファンになってもらうために、当ブランドの『らしさ』を伝えることを強く意識しました。たとえば商品を前面に押し出してしまうと、商品ありきになってしまう。商品を並べるのでも余白を残すように、など細かな点にも気を配ったつもりです」と話す ...

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

シリーズ累計2500万本を突破 ボタニストが初の旗艦店をオープン(この記事です)
回遊を増やす売り場づくりで購買促進 ロフトが新旗艦店を銀座にオープン
事前オーダーシステムで待ち時間なく提供 GORILLA COFFEEが六本木にオープン
「焼きたて」を土産菓子でも提供 BAKEのバターサンド専門店が東京駅にオープン
リアル店舗拡大で相互送客 楽天市場王者の澤井珈琲が銀座に新店舗をオープン
土地の文化に合わせたコンセプト テッドベーカー、アジア最大級の旗艦店

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する