販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

土地の文化に合わせたコンセプト テッドベーカー、アジア最大級の旗艦店

Ted Baker London 表参道店

英ファッションブランド「TED BAKER(テッドベーカー)」は2月17日、アジア最大規模の旗艦店を東京・表参道内で移転オープンした。2012年から出店していた同ブランド。移転の背景と戦略について聞いた。

内観の様子。店内は3フロア、広さは計4500平方メートル。

テッドベーカーは、英国グラスゴーで1988年に営業を始めたシャツ専門店がルーツだ。2016年9月現在は世界35カ国に300店舗以上を構える。

日本には2012年に進出し、マルイシティ横浜店や名古屋髙島屋店などに計7店舗を展開した。1号店の表参道店は、2016年10月まで表参道の大通り沿いにオープン。近隣に高級店が立ち並び、「入りづらい」というイメージを持たれていたという。しかし一方で、来店した客からは「思ったよりも手ごろな価格」という声もあった。実際同店では、主に女性向けのワンピースで3万円前後(税抜)の商品を取り揃えている。

そこでテッドベーカーのメインターゲットである20歳代~30歳代後半にリーチし、間口を広げるため、比較的若者が多い原宿方面に店舗を移転。神宮前交番の裏にリニューアルオープンした。

新店舗のコンセプトは「テッドの東京マシン」。テッドベーカーでは展開するその土地の文化に合わせて店舗のコンセプトを変えている。店内には至るところにパソコンのサーキットボードなど …

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

土地の文化に合わせたコンセプト テッドベーカー、アジア最大級の旗艦店(この記事です)
『寿司キットカット』が世界初登場 キットカット ショコラトリーが銀座に路面店をオープン
ハンドドリップで日本茶を提供 デザイン会社がリアル店舗をオープン
約200種類の品揃え フランスの冷凍食品専門店が初上陸
グローバル戦略の一環で「旗艦店」をオープン 伝統とテクノロジーを組み合わせたショップ
アプリで手軽に注文できるショップ オーダースーツの「不安感」を払しょく

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する