販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

「焼きたて」を土産菓子でも提供 BAKEのバターサンド専門店が東京駅にオープン

PRESS BUTTER SAND

年間約3500万個のチーズタルトを販売しているBAKE(ベイク)は、シュークリームやカスタードアップルの専門店など、現在では5つのブランドを展開している。4月には同社としては初となる土産菓子業態の店舗を東京駅構内に初出店した。その狙いとは。

オープン初日の様子。店舗のデザインを手がけたのは、同社が展開するチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TARTあべのハルカス店」のデザインも手がけた鈴木文貴氏。

チーズタルトを製造・販売するBAKEは4月27日、JR 東京駅の構内にバターサンド専門店「PRESS BUTTER SAND(プレスバターサンド)」をオープンした。同社では初となる土産菓子業態になっており、新規顧客の拡大が狙い。

「流通菓子と同様に、従来と比べると土産菓子の種類や価格帯も多様になりました。当社としてもそこに商機があると思ったんです」(ファンクション本部 PRチーム マネージャー 北村萌氏)

「プレスバターサンド」ではバタークリームとキャラメルをクッキーでサンドした菓子を販売する。鋳造の鉄ではさんで焼く「はさみ焼き」という製法を採用している。

店舗は工房一体型の設計で、「焼きたての商品」と「日持ちの長い箱入りの商品」の2種類から選ぶことができる。店頭では製造の様子も見られる。

「土産菓子は日持ちするものがいいという見方もありますが、その場でつくっている様子をみれば、『できたてを食べたい』と思ってもらえるのではないかと考えました」(同)

店舗デザインは空間デザイナーの鈴木文貴氏が手がけ、クッキーをはさみ焼きするプレス機にも表現されている「鉄の地肌そのもの」をコンセプトに空間を構成。

デザイナーとの接点について北村氏は、「もともと当社には社内にデザイナーがいるので、そのつながりなどから依頼をさせていただく場合もあります ...

あと46%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

「焼きたて」を土産菓子でも提供 BAKEのバターサンド専門店が東京駅にオープン(この記事です)
リアル店舗拡大で相互送客 楽天市場王者の澤井珈琲が銀座に新店舗をオープン
土地の文化に合わせたコンセプト テッドベーカー、アジア最大級の旗艦店
『寿司キットカット』が世界初登場 キットカット ショコラトリーが銀座に路面店をオープン
ハンドドリップで日本茶を提供 デザイン会社がリアル店舗をオープン
約200種類の品揃え フランスの冷凍食品専門店が初上陸

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する