販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

回遊を増やす売り場づくりで購買促進 ロフトが新旗艦店を銀座にオープン

雑貨小売のロフトは、東京・銀座に旗艦店を新規オープンした。売り場の特徴や、実店舗ならではの体験を追求した新たな売り場づくりについて、銀座ロフト館長の藤野秀敏氏に聞いた。

5階の文房具コーナーで展開する「ペンシルバー」。世界の鉛筆20ブランドから、300種類、約5000本の鉛筆を揃える。

ロフトの新たな旗艦店「銀座ロフト」(東京・中央)は、のべ1002坪(約3300平方メートル)を誇る大型店だ。商業施設「銀座ベルビア館」の3階~6階に売り場を構える。取扱商品点数は5万点。オープン日は6月23日。ことしはロフトの創業30周年でもある。

ロフトでは初となるプライベートブランド(自主企画商品)も扱う3階の化粧品コーナーには、発売前の商品を試せる「テスターバー」を用意。「有楽町ロフト」で好評だった文具売り場は5階。約5000本もの鉛筆を並べた「ペンシルバー」が目を引く。手帳ブランド「モレスキン」の商品を扱う「モレスキン アトリエ」も移し、さらに名入れができる機械も用意した。

店内ではコーヒーやスムージーを販売。飲みながらショッピングすることもできる。売り場での写真撮影もOKで、来店者によるソーシャルメディア投稿を意識した。

ジグザグしたかたちのメイン通路は、曲がり角を増やすことで売り場が目につきやすくする狙い。来店者が思わぬ商品を発見する機会を増やす。

メインターゲットは銀座エリアで働く女性。半径5キロメートル内には、豊洲のタワーマンションなどもあり、同エリアに住むファミリー層も視野に入れる ...

あと52%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

回遊を増やす売り場づくりで購買促進 ロフトが新旗艦店を銀座にオープン(この記事です)
事前オーダーシステムで待ち時間なく提供 GORILLA COFFEEが六本木にオープン
「焼きたて」を土産菓子でも提供 BAKEのバターサンド専門店が東京駅にオープン
リアル店舗拡大で相互送客 楽天市場王者の澤井珈琲が銀座に新店舗をオープン
土地の文化に合わせたコンセプト テッドベーカー、アジア最大級の旗艦店
『寿司キットカット』が世界初登場 キットカット ショコラトリーが銀座に路面店をオープン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する