販売促進の専門メディア

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP!

事前オーダーシステムで待ち時間なく提供 GORILLA COFFEEが六本木にオープン

GORILLA COFFEE 六本木ヒルズ店

アパレルや飲食を手がけるベイクルーズは、ブルックリン発のコーヒーショップ「GORILLA COFFEE(ゴリラコーヒー)」を「六本木ヒルズ」(東京・港)にこのほどオープンした。国内3店鋪め。新店舗の特徴を探った。

外観。厨房を中心に、コの字型にカウンターやテーブル席などが位置する。

「GORILLA COFEE(ゴリラコーヒー)」は、濃いめのコーヒーと、アメリカンフードが特長のコーヒーショップ。4月末に渋谷店、池袋店に次ぐ3店鋪めを、「六本木ヒルズ」にオープンした。

六本木ヒルズ店での新たな取り組みとして、事前オーダーシステムを採用。店外から専用アプリを用いて注文し、来店して商品を受け取るという仕組み。

利用を見込むのは六本木エリアのオフィスワーカーや外国人ワーカー、観光客や休日のショッピング利用客など。事前オーダーシステムで、オフィスワーカーを中心にリピート客を獲得する狙い。実際、常連客を中心に利用が広がっているという。

「モバイルオーダーシステムで決済もできるため、店舗で代金のやりとりを行わず、混雑時でも待ち時間のないスムーズに受け渡せるようになりました。注文した商品が調理・ドリップ中なのか、完了しているのかをアプリや店頭のサイネージで確認することもできます」(ゴリラコーヒー マネージャー 山田潤氏)

店内レイアウトは「バリスタがコーヒーを淹れるようすを、さまざまな角度から見られるように」と、店舗中央にアイランド型の厨房を置き、それをコの字型に囲むようにテーブル席やカウンターなどを配置したつくり ...

あと51%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

話題のお店拝見!SHOW YOUR SHOP! の記事一覧

事前オーダーシステムで待ち時間なく提供 GORILLA COFFEEが六本木にオープン(この記事です)
「焼きたて」を土産菓子でも提供 BAKEのバターサンド専門店が東京駅にオープン
リアル店舗拡大で相互送客 楽天市場王者の澤井珈琲が銀座に新店舗をオープン
土地の文化に合わせたコンセプト テッドベーカー、アジア最大級の旗艦店
『寿司キットカット』が世界初登場 キットカット ショコラトリーが銀座に路面店をオープン
ハンドドリップで日本茶を提供 デザイン会社がリアル店舗をオープン

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する