販売促進の専門メディア

           

目指せ! 三ツ星プレゼン

紙資料は「一人歩き」を前提に スライドは「プレゼンの演出」と位置づける

福田哲生(アドバー 代表取締役)

自己満足で終始していたプレゼンから、相手に伝わるプレゼンへ、期待感を高め、企画を「味わってもらう」プレゼンへ――。そんな「三ツ星プレゼン」を実現するためのレシピを解説します。

特性を活かしたアウトプットを

パワーポイントのコンテンツには、2つのアウトプット方法があります。1つは紙へ印刷する方法、そしてもう1つはモニターやプロジェクターでスクリーンにスライド(映像)として投影する方法です。どちらも …

あと86%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

目指せ! 三ツ星プレゼン の記事一覧

紙資料は「一人歩き」を前提に スライドは「プレゼンの演出」と位置づける(この記事です)
相手が得られる具体的な「価値」にフォーカスするプレゼン術
三ツ星プレゼン「色数が増えると、強調したいところが目立たなくなる」
行間一つで差がつく、プレゼン資料のコツ
覚えておきたい、プレゼン3つのテクニック
このひと手間で企画書に差がつく、簡単テクニック

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する