IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

BOVA

BOVA2020 審査員講評

今回で7回目の開催を迎えた「Brain Online Video Award(BOVA)」の受賞作品が決定しました。
審査員の皆さんから講評をいただきました。また、受賞作品・ファイナリスト作品の動画は、公式サイトでご覧いただけます。

審査委員長 佐々木康晴(電通)
今年も審査を楽しませていただきました!一般公募部門でちょっと気になったのは、とても良いストーリーの作品が応募されるようにはなってきたものの、「ネットでそれが拡散される文脈」を設計していないものが多い、というところです。面白ければ拡散する、というほど簡単なものではなく、「今」という時代になぜその動画を拡散したくなるのかも、クリエイティブとしてちゃんと考えておけたら最強だな、と感じた今年でした!


木村健太郎(博報堂ケトル/博報堂)
動画の是非が6秒で判断されるせっかちな時代には、長い時間を使う価値があるかどうかが問われます。一般公募部門では「走馬灯オーディション」が抜き出ていました。設定がユニークで、ストーリーに見続けさせる展開があり、メッセージには大切な人と旅行しなくちゃという気づきがあり、最後の読後感も気持ちいい。尺は少々長いけど、最後まで見た人に見ただけのギフトがちゃんとある動画です。「I am me」や「PEKO2020」には、2回目も楽しめるエンタメのクラフトがありました。

あと64%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

BOVAの記事一覧

BOVAの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る