IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

世界で働く日本のクリエイター

NYで20年の経験を今度は日本で活かしたい

ノビ・カシワギ

海外で道を拓く日本人クリエイターのいまをレポート。今回は、NYでファッション誌のエディトリアルデザインをメインに手がけているアートディレクター、グラフィックデザイナー ノビ・カシワギさんを紹介する。

01.jpg

01 Engineered Garments Spring/Summer 2014のカタログ

NYで20年の経験を今度は日本で活かしたい

「VOGUE」US版やファッションブランドJimmy Chooの周年記念誌のアートディレクションを手がけているのは、NY在住のノビ・カシワギさん。渡米してから約20年経つ。ファッション写真の勉強からアートディレクターの道に進み、自身のデザイン事務所ENDASH SPACEを立ち上げた。渡米のきっかけは、東京のデザイン学校を卒業するタイミングに参加した留学説明会。直感でなんとかなると思った。当時読んでいた雑誌「STUDIO VOICE」の「ファッション写真の現在」特集も後押しとなり、半年後にはNYの写真学校へ通っていた。「ファッション誌のカッコイイ写真は実は、アートディレクターがアイデアを出していたことを知ったのは ...

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

世界で働く日本のクリエイター の記事一覧

NYで20年の経験を今度は日本で活かしたい(この記事です)
北京を拠点にするNDC CHINAの日本人クリエイター
リオ・デ・ジャネイロのスラム街を拠点にする写真家
常に広くアンテナを張る
フットワーク軽く果敢に挑戦

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る