広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

日米ともに「YouTube」が人気 アメリカではSVODが定着

ニールセン

ニールセンは、同社が提供する視聴行動分析サービスのデータをもとに、日本とアメリカそれぞれの動画サービスに関する利用状況を発表した。

PC・スマホのデバイス別に利用状況を比較したところ、動画サービスの利用者数ランキングでは日米、両デバイスで「YouTube」が1位に。利用時間ランキングを見ると、アメリカでは定額制のストリーミング動画視聴サービス(SVOD) である「Netflix」や「Hulu」の視聴が根付いているという特徴がみられた。

また、YouTubeのスマホアプリからの利用時間シェアによると、利用のピークは日本が21時台、アメリカが20時台であることが分かった。

01.jpg

あと50%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

日米ともに「YouTube」が人気 アメリカではSVODが定着(この記事です)
実は日本人は「行列嫌い」意識と行動のギャップが顕著に
人によってとらえ方に違い あなたにとっての「地元」とは!?
休日も意欲的に外出!消費のピークは土曜日に
半数以上が不公平さを実感 得なのは女性か、男性か
2015年のSNS利用動向 「Instagram」の利用時間増が顕著に
半数近くが「巣ごもり」!?20代の休日の過ごし方
ビジネスパーソン2000人が考える、仕事に必要なスキルとは!?
「アラサー」「アラフォー」「シニア」・・・人により異なるターゲットワードのイメージ
データで見る 「報酬」より「貢献」?社会人の仕事観
データで見る 無意識な行動に対する効果的な戦略
データで見る 生活者が全部見たくなるコンテンツのヒント
世間とのギャップに悩むシニア女性のおしゃれ実態調査

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する