広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

2015年のSNS利用動向 「Instagram」の利用時間増が顕著に

ICT総研

ICT総研は、SNS利用動向に関する調査を実施し、分析結果を発表した。それによると、日本のSNS利用者は2015年末に6451万人、2017年末には6912万人へ拡大する見込み。また、SNSの利用時間について1年前と比較したところ、圧倒的に利用時間が増えたとの回答が多かったのは、Instagram。77.3%に利用時間の増加が見られ、また利用満足度も最も高い74.2ポイントとなった。それにLINEが続き、利用者の51.7%が、利用時間が増えたと回答。満足度は73.3ポイントだった。特にInstagramは利用者数、利用時間の両方が伸び始めており、今後の成長が見込めるプラットフォームと言える。

あと26%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

半数以上が不公平さを実感 得なのは女性か、男性か
2015年のSNS利用動向 「Instagram」の利用時間増が顕著に(この記事です)
半数近くが「巣ごもり」!?20代の休日の過ごし方
ビジネスパーソン2000人が考える、仕事に必要なスキルとは!?
「アラサー」「アラフォー」「シニア」・・・人により異なるターゲットワードのイメージ
データで見る 「報酬」より「貢献」?社会人の仕事観
データで見る 無意識な行動に対する効果的な戦略
データで見る 生活者が全部見たくなるコンテンツのヒント
世間とのギャップに悩むシニア女性のおしゃれ実態調査
ストレスに弱い20~30代女性、起床時から「イラッ」?
視聴スタイルから見るテレビの今後の可能性
高齢者のネット利用は7割超え? シニアのネット利用事情

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する

最近もっとも読まれた記事