広告マーケティングの専門メディア

MARKETING DATA

データで見る 「報酬」より「貢献」?社会人の仕事観

VSN

働く上で「報酬」と「会社や世の中に貢献できる仕事」のどちらを重視しているかという質問では、どの業界も「報酬」を重視する人が60%に迫るなか、広告業や出版・印刷関連業、放送業など、情報を発信する業界の人は社会や世の中への貢献を重視する傾向にあった。広告業は将来の「キャリアビジョン」の描きやすさでもトップに。

会社のイメージキャラクターになって欲しい著名人のランキングでは、21業界中18業界でイチロー選手が1位に挙がった。そのほか松岡修造さんや錦織圭選手など、スポーツ系の人が上位のランキングを占める結果になった。

あと27%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

MARKETING DATA の記事一覧

データで見る 「報酬」より「貢献」?社会人の仕事観(この記事です)
データで見る 無意識な行動に対する効果的な戦略
データで見る 生活者が全部見たくなるコンテンツのヒント
世間とのギャップに悩むシニア女性のおしゃれ実態調査
ストレスに弱い20~30代女性、起床時から「イラッ」?
視聴スタイルから見るテレビの今後の可能性
高齢者のネット利用は7割超え? シニアのネット利用事情
新入社員の約6割が胃腸トラブル 新人ストレス調査
女性のキャリア形成における学歴の影響
家族に秘密の“内緒買い”通販利用者6割以上が経験
外国人に進めたい日本文化 マンガ・アニメが1位
買い物を妻に頼る夫、自由気ままに楽しむ妻
家計簿つける男性は25.7%!金銭に対する意識が変化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する