DESIGN/COPY/WEBクリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

2年に一度開催される、子どもたちだけでつくる夢のまち

神戸市/ KIITO「ちびっこうべ」

ちびっこうべ開催の様子。

「ちびっこうべ2016」メインビジュアル。

参加者が最初に訪れる「ハローワーク」。

プロに学びながら子どもたちがつくりあげる飲食店「ユメミセ」。

今年10月、「デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)」にて、2年に一度開催される子ども向けクリエイティブプログラム「ちびっこうべ2016」が4日間にわたり開催された。「ちびっこうべ」は、約1万人の子どもたちでつくる「夢のまち」。子どもたちは「警察官」「バーテンダー」「記者」など40種類以上ある仕事から選んで働き、もらったお給料で買い物やイベントを楽しむ仕組みだ。

ちびっこうべには、シェフ、建築家、デザイナーらクリエイターに学び、子どもたちが自分たちでつくりあげる食べ物屋「ユメミセ」も登場する。当日の参加も含めると、関西で活動する約100人のクリエイターがこのイベントに参加。子どもとクリエイターが一緒につくりあげるイベントでもある。

本イベントの開催は今年で3回目。制作のクリエイティブディレクターを務めた、かたちラボの田中裕一さんは、「今年は子どもたち自身の手で仕事の内容が進化したり、ハローワークを通さず自ら売り込んで来る子、ベテランスタッフとして仕事を回しだす子が登場するなど、子どもが自らアイデアを出し、行動に移す姿があちこちで見られた。それが印象的でした」と話す。

ちびっこうべのコピーは「子どものまちは、神戸の未来。」。「ここは、子どもたちが『自らの手で自分たちのまちを変えていく』体験をする場です。ここで学んだこと、ここで生まれた関係性がきっかけになって、ちびっこうべから将来神戸を元気にするクリエイターに育ってほしい。そんな気持ちで、今後もちびっこうべを継続、発展させていきたい」という。

  • 企画制作/かたちラボ+mém+Cahier
  • CD+C/田中裕一
  • AD/前田健治
  • I/サタケシュンスケ
  • Webデザイン/多々良直治

STAND THE FLAG の記事一覧

「はみ出さないと、生み出せない。」研究成果が柱から飛び出る
2年に一度開催される、子どもたちだけでつくる夢のまち(この記事です)
「宮崎の魅力とともにサービスを軽妙に伝える」
短くなった社名をとにかく印象づける
三姉妹の生き方で伝える企業の取り組み
「人」 にフィーチャーする 事業創出プログラムの告知コピー
かまぼこの会社ならではのユニークな七夕飾り
インスタ風映像とハッシュタグで結婚生活をリアルに描く
24時間滞在型フォトコンテストで町おこし
「女の友情と筋肉」「給料BANK」とコラボ テレビを見ない高校生にも届く
別府らしく、九州らしく。辛い時こそ笑え
沿岸部の地域経済支える「産地魚市場」にスポット
大分県民に別府の元気な姿を個性的にアピール