IDEA AND CREATIVITY
クリエイティブの専門メディア

STAND THE FLAG

別府らしく、九州らしく。辛い時こそ笑え

大分県/別府市/別府温泉の男達





別府温泉の男達

熊本地震の影響により、観光都市・別府の来客・宿泊客が激減。キャンセルが相次ぎ、深刻な被害に遭っていた。夏の観光シーズンに向け、「別府市は元気。通常営業中である」ことをPRするため、別府市は温泉旅館の女将やミス別府、市長も参加した“オール別府”の明るくユニークなCMを制作。観光客数の回復をねらっている。

「企画にあたって困難だったのは、地震によるシリアスな被害を受けられた方々への配慮でした。その視点で考えたときに、不愉快じゃなくて嫌味のないメッセージを発信できるのは著名なタレントさんではなく、お客さんが来なくてリアルに困っている別府のみなさんだと考えました。」(電通九州 左俊幸さん)。

CMのキャッチコピーは「辛いときこそ笑え」。一度はシリアスな方向性を考えてはみたものの ...

あと58%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

STAND THE FLAG の記事一覧

24時間滞在型フォトコンテストで町おこし
「女の友情と筋肉」「給料BANK」とコラボ テレビを見ない高校生にも届く
別府らしく、九州らしく。辛い時こそ笑え(この記事です)
沿岸部の地域経済支える「産地魚市場」にスポット
大分県民に別府の元気な姿を個性的にアピール
勝手に沖縄健康長寿プロジェクト「ごっちゃん」
家族の会話が増える「母の日」広告
道内の人気タレントを起用し利用促進キャンペーンを実施
長崎は日本の西海岸!?地元の魅力を対比で発信
2000発の花火で1周年の感謝を伝える
観光都市 京都を前面に打ち出したプロモーション
歴史都市としての資産を強みに市民参加のキャンペーン
「あともう少し…」男性視聴者のため息が聞こえてくるCM

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
ブレーンTopへ戻る