広告マーケティングの専門メディア

           

著者インタビュー

高齢者の移住が活発になれば地方でも豊かな消費生活を送れる

寺井公子氏

●著/寺井公子、アミハイ・グレーザー、宮里尚三
●発行所/有斐閣
●価格/4400円(税込)

人口問題が日本の重要な課題となって久しい。人口減少が続き、有権者の年齢構成が高齢化すると、高齢者が政策決定に与える影響が増す。高齢者がその影響力を行使することは、「シルバー民主主義」と呼ばれている。日本の地方分権は、地方分権一括法による権限移譲により大きく進展した。しかし、国の地域政策の主眼は若い労働力の地方分散に置かれている現状にある。本書『高齢化の経済学地方分権はシルバー民主主義を超えられるか』では、人口高齢化が政治過程を経て経済成長に与える負荷を、財政支出、税、労働市場政策を通して考える。そのうえで、人口移動を促す地方分権が成長への負荷を軽減する可能性を示す。

まず序章では、「高齢化を考える視点」を整理する。ある世代の得になる政策が、違う世代の損になることがたびたびあるなど、政策の効果が世代によって異なることは稀ではないという。高齢者の政治的影響力が増すことで、長期にわたって便益を生み出し、現在の若い世代や将来世代が主な受益者となるような政策よりも、短期的に集中的に便益を生み出す政策の方が実施されやすくなるという仮説を設定した。

第1章では、日本の経済政策の変遷を振り返ったうえで、ティボーの「足による投票」、オーツの「分権化定理」を中心に、これまでの地方分権理論研究の成果を紹介する。

あと57%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら
一覧

著者インタビュー の記事一覧

高齢者の移住が活発になれば地方でも豊かな消費生活を送れる(この記事です)
次世代の流通小売業は消費者の「頼れる相棒」に
経済現象を理解することは日本経済を理解する重要な一歩
「攻め」のマーケティングで未来の価値を創造していく
いまや観光は産業としての枠を超えている
経済学は社会課題に対してどうアプローチできるか?
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する