広告マーケティングの専門メディア

           

最新・SNSマーケティング

すべての広告宣伝がSNSに帰結し得る時代に必要な意識とは

ふくままさひろ氏(テテマーチ)

Q.「SNSマーケティング」の定義とは?

A.すべてのマーケティングコミュニケーションが「SNSマーケティング」となる時代。

文字通りSNSを活用したマーケティングだと解釈していますが、今のマーケティング・コミュニケーション活動においては、ほとんどが「SNSマーケティング」に当てはまるのではないかと思っています。SNSマーケティングとは何も、SNSアカウントの運用やインフルエンサーに商品をPRしてもらうことだけではありません。誰かが面白い屋外広告を見てSNSにあげたり、店舗の接客が良くてSNSにクチコミされたりと、これらもSNSマーケティングの一部です。ですから、「SNSマーケティング」ではなく「SNS時代のマーケティング」と表現した方がわかりやすいと思っています。誰もがSNSに投稿することができ、情報が流通しやすくなったこの時代。こういうアクションを取れば、生活者が何を感じ、どう行動、発信するのか。こういった当たり前のことを、より真摯に考え抜くことがSNS時代のマーケティングに必要不可欠なのではないでしょうか。


Q.日本企業におけるSNSマーケティングの最近のトレンドは?

A.「人格」へのエンゲージメントを獲得しやすい“個人アカウント”の活用が進む。

従業員などの個人のSNSアカウントを育成するトレンドは、やはり今後も...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

最新・SNSマーケティング の記事一覧

停滞するBtoC領域での顧客育成をSNSでの継続的な接点が解決する
手法もプラットフォームも多様化する中 各SNSをつないだ網羅的な施策が重要に
「シェア」だけでないコミュニケーションの場となるSNS
すべての広告宣伝がSNSに帰結し得る時代に必要な意識とは(この記事です)
SNSでの「好感認知」獲得がPOSにも連動する効果を生み出す
「堅あげポテト」担当者がSNSで実現したい思い
「誰から買うか」が重視される時代 個人アカウントの運営に注力するバロックジャパンのOMO戦略
増加を続けるSNSユーザー数 企業は各サービスの特性をどう生かす?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する