広告マーケティングの専門メディア

失敗しないメーカーのサブスクモデル開発

ニーズのある場所に届けるサブスク『カップヌードルローリングストック』

日清食品 カップヌードル ローリングストックセット

「定期的に届く」というサービス設計において消費者側のネックとなるのが、使いきれずに余ったり、捨てざるを得なくなってしまうこと。そのハードルを最大の特徴として生かしているのが、日清食品の「カップヌードル ローリングストックセット」だ。サービスを開発したダイレクトマーケティング課 ブランドマネージャーの佐藤真有美氏に話を聞いた。

SERVICE DATA

日清食品 カップヌードル ローリングストックセット

サービス開始 2019年9月2日
価格例 カップヌードル ローリングストックセット+入替用9食セット(1人×3日分/3カ月ごと)初回14,300円(税込)/3カ月ごと2,160円(税込)
概要 初回は「基本の9食」とカセットコンロ、保存水などが入ったセットが配送され、その後3カ月ごとに入替用の9食セットが自動配送される。配送前にメールが届き、13種類の中から好みの9食を選ぶことができる。定期的に商品が届くため、日常生活で消費しながら災害に備えられることが最大の特徴。災害時に、“いつもの味”を味わえることもポイント。プラスチック製の特製BOXは耐久性・防水性にすぐれ、付属のリュックベルトで両手を塞がず持ち運ぶことも可能。折りたたむと腰掛けにもなる。「利便性だけでなく、快適性も提供したいと考えました」(佐藤氏)。
利用者層 ファミリー世帯の利用が多く、申込者の男女比はほぼ半々。年代は40~60代が中心。
担当部門 マーケティング部 ダイレクトマーケティング課
各ブランドチームと連携しながら、EC関連の企画・販売、プロモーションを担当する。

押し付けにならない、喜ばれる仕組みをつくりたかった

サービスの開発が始まったのは、2018年のこと。ブランドマネージャーの佐藤真有美氏によると、地震や台風、洪水などの自然災害の度に「即席めんの価値があらためて見直されていた」と話す。

その一方、通販業界でも増えてきていたサブクスモデルを、同社でも導入するという話が出た。留意したのは、常に一定数の商品を届けるシステムでも「押し付けになってはいけない」ということ。便利で喜ばれる形は...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

失敗しないメーカーのサブスクモデル開発 の記事一覧

人々の「習慣」を考慮した、サブスクモデル設計のポイントとは?
価値ある体験を増やす、プロモーションとしての「レンタル」の可能性
ハードルを下げ、奥行きをつくる。カメラのサブスクで市場を活性化
初代「JINS MEME」から6年 サブスクモデルで日常に寄り添う
ニーズのある場所に届けるサブスク『カップヌードルローリングストック』(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する