広告マーケティングの専門メディア

失敗しないメーカーのサブスクモデル開発

ハードルを下げ、奥行きをつくる。カメラのサブスクで市場を活性化

カメラブ GooPass/テイクアウトレンタル

購入には至らないが少しずつ試してみたい…そうしたユーザーの需要に応えることができるのも、サブスクリプションサービスの強みだ。ユーザーの購入体験を後押ししながら、縮小傾向にあるカメラ市場を支えたい。そんな思いでサービスを立ち上げたカメラブの代表取締役・高坂勲氏と、ビックカメラの齋藤眞一朗氏に話を聞いた。

SERVICE DATA

カメラブ GooPass/テイクアウトレンタル

サービス開始 2018年11月(GooPass)/2020年12月(テイクアウトレンタル)
価格例 月額6380円(税込)~、利用可能な機材ランクに合わせて9種類の料金形態
概要 「GooPass」はカメラ本体と交換レンズ、約1500種類以上の機材から選ぶことができるサブスクリプションサービス。レンタル返却期限はなく、機材は何度でも入れ替えが可能。スポットの利用ではなく、手元に置いてカメラに深く興味を持ってもらいたいと、1カ月単位の利用が基本となっている。「テイクアウトレンタル」は、「GooPass」内のプランにあたり、店頭で販売している新品の機材をその場でレンタル。気に入ればそのまま購入もできる。
利用者層 GooPassの場合「諦めていた高額レンズを試したい」と、ある程度カメラに詳しい中級者が中心。テイクアウトレンタルにより、オンラインのみではリーチしづらかった女性顧客も増加した。
担当部門 カメラブ×ビックカメラ 事業開発部
スタートアップ企業のビジネス支援を行う「ビックカメラアクセラレーター2017」に「GooPass」を提案したことがきっかけで、2020年12月に協業締結し「テイクアウトレンタル」を開始。その後2021年9月に資本業務提携を締結。

長期間手元に置いて安心してハマる仕組みをつくる

国内カメラ業界の市場規模は2013年から縮小傾向にある。その大きな理由が、スマートフォンの普及だ。性能の差別化を図るべく、近年は高価格帯カメラの販売が主流となっていった。そこで高坂氏が立ち上げたのが、カメラのサブスクサービスを提供する「カメラブ」だ。

「カメラは目的や個人の好みに合わせて“正解”が多種多様で...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

失敗しないメーカーのサブスクモデル開発 の記事一覧

人々の「習慣」を考慮した、サブスクモデル設計のポイントとは?
価値ある体験を増やす、プロモーションとしての「レンタル」の可能性
ハードルを下げ、奥行きをつくる。カメラのサブスクで市場を活性化 (この記事です)
初代「JINS MEME」から6年 サブスクモデルで日常に寄り添う
ニーズのある場所に届けるサブスク『カップヌードルローリングストック』

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する