広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

「eクチコミ」の特性に着目し、『比率』による消費者行動の変化を証明

菊盛真衣氏(立命館大学)

eクチコミと消費者行動 情報取得・製品評価プロセスにおけるeクチコミの多様な影響
● 著者/菊盛真衣
● 発行所/千倉書房
● 価格/3200円(税別)

ときに、企業が莫大な予算を投じて行う広告活動よりも、消費者の購買行動に影響を与え得る「クチコミ」。企業の一方的な発信ではなく、消費者が発信する情報だからこその信頼性にもとづくと考えられる。

クチコミが消費者に与える影響については、かねてより有識者らにより学術的なアプローチが重ねられてきた。本書はそのうち、ECサイトやSNSなどを介した「eクチコミ」に着目し、その影響力を考察している。

対面クチコミにはないeクチコミの特徴とは何か。それは、ひとつのWebページ上で、製品に対するポジティブとネガティブ双方のクチコミ(以下、それぞれを「正」「負」と呼ぶ)が見られる点だ(一方、対面クチコミは、ひとりの人から正、もしくは負のどちらかしか得られない) …

あと74%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

「eクチコミ」の特性に着目し、『比率』による消費者行動の変化を証明(この記事です)
「遺産」か「廃墟」か 新国立競技場が行き着く未来とは
文系AI人材になる──統計・プログラム知識は不要
テレビ史を通じ見えてくる〈東京〉という名の表象
読売、日経、ヤフーの20年を紐解き、時流を読むセンス磨く
ITの導入で『完全無欠』に!? 可能性秘める日本の外食産業

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する