広告マーケティングの専門メディア

著者インタビュー

「遺産」か「廃墟」か 新国立競技場が行き着く未来とは

岡田 功氏

五輪スタジアム 「祭りの後」に何が残るのか
● 著者/岡田 功
● 発行所/集英社
● 価格/840円(税別)

昨年11月に完成した、東京2020大会の主会場となる新国立競技場。しかし、初期デザイン案が撤回されるなどのトラブルがあったほか、特に懸念されるのが、大会後の活用法がいまだ決まっていない点だ。果たして東京2020大会は私たちにどのような「レガシー」を遺してくれるのだろうか。

その答えを探そうと、過去の開催都市を訪ね、巨額の資金を投入し建設された五輪施設がいまも収益をもたらす「遺産」となっているのか、それとも、使い道のない「廃墟」となっているのかを調査しているのが岡田功氏だ。2016~2018年、自ら足を運び、開催地の"いま"を調査。その結果をまとめ、著書『五輪スタジアム「祭りの後」に何が残るのか』を刊行した。

本書は、1972年の独・ミュンヘンから2016年のブラジル・リオデジャネイロまで、夏季五輪各大会の主要会場の大会後の稼働状況、運営形態、維持費の実態を明らかにしている …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

著者インタビュー の記事一覧

「遺産」か「廃墟」か 新国立競技場が行き着く未来とは(この記事です)
文系AI人材になる──統計・プログラム知識は不要
テレビ史を通じ見えてくる〈東京〉という名の表象
読売、日経、ヤフーの20年を紐解き、時流を読むセンス磨く
ITの導入で『完全無欠』に!? 可能性秘める日本の外食産業
人生の岐路に、一歩踏み出せる指南書

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する