広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議サミット

考えるとは何か?科学者の視点から「考える」行為の質を高める

石川善樹氏

2009年にスタートし、9回目を迎えた「宣伝会議サミット」2018。宣伝会議では、2018年11月14日、15日の2日間にわたり、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催した。本サミットでは、広告・マーケティングの領域で、日々刻々と変わる環境に、力強くもしなやかに対応し、成果を出しているマーケティング・宣伝部門の担当者が登壇。成果を上げた事例のHow toのみならず、仕事に臨むマインドセットについて紹介した。前号に引き続き、その講演の一部をレポートする。

今号では、広告・メディアビジネスの未来展望から、科学の視点から読み解くマーケティングやマインドセット、さらに各有名企業のマーケティング・宣伝部門担当者の講演を紹介する。

Campus for H 共同創業者 石川善樹氏

「考える」という「知的生産」の3つの要素とは

人は、日々を過ごす中で、何かを考えて生きている。しかし、「考える」ことを考えることは、ほとんどないのではないだろうか。「考える」という知的生産行為の質は、いかにすれば高めることができるのか、予防医学や行動科学を専門とする研究者である石川氏が解説した。

冒頭、参加者に対して石川氏は「みなさんが気になるのはノウハウだと思う。考える精度の高め方、特にビジネスにおいてはこうではないかという話をしたい」と述べ、セッションを開始した …

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議サミット の記事一覧

パナソニック×KDDI・mediba オープンイノベーション活用し能力の幅を広げる
博報堂ケトル嶋氏×ZOZO田端氏 これから広告・メディアはどうすれば良いのか
日産自動車×NTTドコモ 社内理解を得るための宣伝部長の挑戦
「ポルシェ」のブランド哲学 リアル×デジタルでブランド価値を高める
考えるとは何か?科学者の視点から「考える」行為の質を高める(この記事です)
科学的なマーケティングへ──言葉を定義し、仕組みをつくり、属人性を排除する
デジタル時代に対応する、レジリエンスな戦略─マーケティング部門の挑戦とは?
ソフトバンクと日本コカ・コーラの価値向上アプローチとは
デジタルだからこそ実現する、流通とメーカーの共創の形

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する