広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議サミット

デジタルだからこそ実現する、流通とメーカーの共創の形

資生堂ジャパン × ファミリーマート

2009年にスタートし、9回目を迎えた「宣伝会議サミット2018」。宣伝会議では、2018年11月14日、15日の2日間にわたり、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催した。本サミットでは、広告・マーケティングの領域で、日々刻々と変わる環境に、力強くもしなやかに対応し、成果を出しているマーケティング・宣伝部門の担当者が登壇。成果を上げた事例のHow toのみならず、仕事に臨むマインドセットについて紹介した。その講演の一部をレポートする。

    登壇者

    資生堂ジャパン メディア統括部長 小出 誠氏
    ファミリーマート シニアオフィサー 総合企画部 デジタル戦略室長 植野大輔氏

テレビとデジタルの共通指標でメーカーと小売りの意識を揃える

メーカーと小売りは、顧客起点で考えれば双方が共創することによって、魅力的なブランド体験を提供できるはずだ。しかし、それはあくまで理想で、共創に際しては課題も多い。そこで、資生堂ジャパンとファミリーマートが登壇し、互いの課題を提示した上で解決策を示した。

まず日本アドバタイザーズ協会(JAA)デジタルメディア委員会の委員長でもある資生堂ジャパンの小出誠氏から、テレビとデジタルの共通指標が必要であるという提案がなされた …

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議サミット の記事一覧

デジタル時代に対応する、レジリエンスな戦略─マーケティング部門の挑戦とは?
ソフトバンクと日本コカ・コーラの価値向上アプローチとは
デジタルだからこそ実現する、流通とメーカーの共創の形(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する