広告マーケティングの専門メディア

宣伝会議サミット

デジタル時代に対応する、レジリエンスな戦略─マーケティング部門の挑戦とは?

日本ケンタッキー・フライド・チキン × ジンズ × JTB

2009年にスタートし、9回目を迎えた「宣伝会議サミット2018」。宣伝会議では、2018年11月14日、15日の2日間にわたり、ANAインターコンチネンタルホテル東京にて開催した。本サミットでは、広告・マーケティングの領域で、日々刻々と変わる環境に、力強くもしなやかに対応し、成果を出しているマーケティング・宣伝部門の担当者が登壇。成果を上げた事例のHow toのみならず、仕事に臨むマインドセットについて紹介した。その講演の一部をレポートする。

(左から)日本ケンタッキー・フライド・チキン 執行役員 営業戦略統括部長 小山典孝氏、ジンズ デジタル事業部 事業部長 向殿文雄氏、JTB Web販売部 主幹 戦略担当部長
福田晃仁氏

目的はお客さまの気持ちを知ること データ活用の本質に迫る

初日の基調講演に登壇したのは、日本ケンタッキー・フライド・チキンの執行役員 営業戦略統括部長 小山典孝氏、ジンズのデジタル事業部 事業部長 向殿文雄氏、JTBのWeb販売部 主幹 戦略担当部長 福田晃仁氏 …

あと69%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

宣伝会議サミット の記事一覧

デジタル時代に対応する、レジリエンスな戦略─マーケティング部門の挑戦とは?(この記事です)
ソフトバンクと日本コカ・コーラの価値向上アプローチとは
デジタルだからこそ実現する、流通とメーカーの共創の形

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する