広告マーケティングの専門メディア

米国NY発広告ビジネス最前線レポート

15周年を迎えたAdvertising Week NY マーケティングはどう変わるのか

NYでマーケティングに関わるキーパーソンが一堂に会し、業界のこれからを対話するカンファレンス「Advertising Week NY」が10月1日から、タイムズスクエア周辺の複数会場で開催された。同カンファレンスは2004年に始まり、今年で15周年を迎える。セッションの一部を、写真を交えて紹介する。

(左)Advertising Week NYの会場の様子。
(右)Matt Scheckner氏(Global CEO)

「働き方」や「スポーツ」など米国のマーケティング最新事情

4日間で合計290以上のセッションが繰り広げられたが、本稿では「働き方」と「スポーツ」に関する2つのセッションを紹介する。

ひとつめの「働き方」。これは米国のマーケティング界でもホットなテーマである。変化の大きい現代において企業は消費者や従業員に対してどのような価値を提供できるかが議論された …

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

米国NY発広告ビジネス最前線レポート の記事一覧

消費者に愛される広告配信の仕組みを提供するMediaMath
正確な測定でマーケティング施策を支援するOracle Date Cloud
人々の生活に意義ある役割を果たすブランドコミュニケーションのあり方
PR領域に留まらず事業の幅を広げ ソリューションを展開する
広告界にディスラプションをもたらした世界が注目する、エージェンシーの今
設立8年で従業員数が1000名にまで成長 ブランデッドエンタテインメントの新興企業
15周年を迎えたAdvertising Week NY マーケティングはどう変わるのか(この記事です)
データとコンテンツがダイレクトにつながる米国最新動向を捉える6つのポイント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する