広告マーケティングの専門メディア

目的別に解説 ソーシャルメディア活用術

ロサンゼルスで日本酒をプロモーション 国境をも越えるソーシャルメディア

久慈浩介氏(南部美人)

世界中の人たちが集うソーシャルメディアは、国境を越えて人と人、人と企業をつなぐプラットフォームとしても機能します。海外進出において、積極的にソーシャルメディアを活用している「南部美人」の久慈浩介氏に話を聞きました。

GPS機能を使ったOtoO施策で「南部美人」を楽しめる店舗に送客

岩手生まれの日本酒の有名ブランド「南部美人」は、日本食ブームの追い風を生かそうと1997年から海外進出に力を入れている。

特に日本食レストランが増えている米国は重要市場。その海外進出の場面で、ソーシャルメディアの活用が効果を出しているという。最近、成果が上がったのが米国ロサンゼルスで実施したOtoO施策だ。その施策はスマートフォンのGPS機能を活用したもので、FacebookやInstagramのユーザーが「南部美人」提供飲食店に近づくと広告が配信され、当該店舗へ誘致するという仕掛けだ。

かねてから同社では、国境を越えてタイムリーな情報発信が可能なWebやソーシャルメディアに目をつけ、顧客接点の場として活用してきた。「Wi-Fi環境が整備されていない頃から、海外出張中も、公式Webサイト上の『南部美人ニュース』を毎日更新し続けていました」(「南部美人」五代目蔵元・久慈浩介氏) …

あと66%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

目的別に解説 ソーシャルメディア活用術 の記事一覧

企業と消費者をつなぐ、新しい架け橋とどう向き合うか?
ロサンゼルスで日本酒をプロモーション 国境をも越えるソーシャルメディア(この記事です)
ユーザーの「いま、買いたい」を逃さないハッシュタグの「仕込み」戦略
東宝が見据える、映画宣伝におけるソーシャルメディア活用の可能性
ポイントは適切なタイミングでの配信と連携 ローソンのソーシャルでの広告活動
世界観を共有し、顧客と向き合う場「BOTANIST」が描くソーシャルメディア戦略
ソーシャルメディアから手繰り寄せる「インサイト」の糸口

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する