広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

3年連続増益の大広・落合社長に聞く、次なる戦略

落合寛司氏(大広)

大広ならではの独自性 アクティベーションデザインを磨く

近年、広告会社に期待される役割が広告による認知のその先、顧客の気持ちを動かし、さらには行動を促すフェーズまで広がりつつある。その中で"アクティベーション"という概念が浸透しつつあるが、国内において早くから、この概念を提唱してきたのが大広だ。

大広の落合寛司氏はアクティベーションデザインについて、「商品を共に育み推奨してくれるロイヤル顧客を育成するコミュニケーション活動であり、クライアントの顧客を一緒に生み出して、その顧客がクライアントの味方になるようにするにはどうしたらいいかを考えて仕事をすること」と説明する。そして同氏は、2014年の社長就任以来、いかにして社員がこの概念を体得し、それぞれの仕事の中で実践できるか、意識変革に注力してきた。

もともとアクティベーションデザインの考え方は通販を始めとするダイレクトマーケティング支援で実績がある大広に蓄積していたナレッジがベースになっているものだ。そして、落合氏が社長に就任した際、他の広告会社にはない大広ならではの独自性を考える中で、この力を磨くことが大切だという結論に行きついたのだという。

そして4年が経過した今、社員がアクティベーションデザインを体得して、自分の仕事に落とし込めるようになってきている、と語る。幸い、ダイレクトマーケティングの知見、アクティベーションデザインの知見が通販以外の業態の企業にも求められ、3年連続増益を記録している。

「『顧客をつくって終わり』ではなくて、その先をつくることが我々のクライアントに対するサービスだと考えている …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

3年連続増益の大広・落合社長に聞く、次なる戦略(この記事です)
創業80周年を迎え、CIを刷新 OOH起点の統合コミュニケーションを提案
IMCプランニングの戦略立案から実行支援まで提供するインテグレートの新展開
設立から今年で30周年のjeki 原口社長に聞く 事業の展望
正確なデータを使って、​顧客を知る。マーケティング戦略を支援するSupershipの取り組み。
デジタルとリアルを掛け合わせ一人ひとりに届くコミュニケーションを

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する