広告マーケティングの専門メディア

注目の広告業

正確なデータを使って、​顧客を知る。マーケティング戦略を支援するSupershipの取り組み。

Supership

ウェブ、アプリ統合のIDでシームレスに"個客"を捉える

広告領域からマーケティング全般へ。今やデジタルの活用は、活用初期の「ネット広告」という狭い枠に留まらない進化を遂げている。2015年に誕生したSupershipも、企業におけるマーケティングのデジタル化の流れを象徴するかのように、事業内容を多角化させてきた。

「設立当初は事業の中核はアドテク領域だったが、現在は"データテクノロジーカンパニー"を標榜するテックをベースに一気通貫でデジタルマーケティングを支援できるソリューションを提供している」と同社の宮本裕樹氏は話す。

Supershipの事業の基盤になるのが、総ID数、4.6億を誇る精微な独自データで構成されたDMPだ。このユーザーデータのうち約7割をスマートフォンが占めるなど、KDDIのグループ会社であることも事業の独自性につながっている。

近年ユーザーと企業の接点は広がるばかりだがSupershipではIDをベースに、あらゆる接点で得られるデータをつなぎ合わせて、一人ひとりのユーザーをシームレスに捉えることに力を入れてきた。特に「ブラウザのCookieとアプリのユーザーIDのつなぎ込みをできる技術は当社の強み」(宮本氏)という。

広告配信時の利用に留まらない独自データの活用領域

SupershipのDMPは同社の「Scale Out DSP」とも接続しているが、独自データの活用領域は広告配信時の利用に留まらない。宮本氏は「マスマーケティングを含め、戦略プランニングの段階から相談を受ける機会が増えている」と話す …

あと53%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

注目の広告業 の記事一覧

正確なデータを使って、​顧客を知る。マーケティング戦略を支援するSupershipの取り組み。(この記事です)
デジタルとリアルを掛け合わせ一人ひとりに届くコミュニケーションを
YouTuberの感性とクリエイティブを企業マーケティングに生かす
創業80周年、広告会社の中外が長きに渡ってビジネスを拡大できた要因はどこにあるのか?
「エージェンシー」にこだわり、その機能をシャープにしていく。──マッキャンの新CEO、森氏に聞く
正しい顧客プロファイルの把握が、マーケティング効果を高める

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
宣伝会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する